わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

【催事情報】小さな小さな旅3月 国立劇場歌舞伎公演、鑑賞とバックステージツアー
c0151691_112731.jpg甘いマスクの中村橋之助さんが国立劇場3月歌舞伎公演で挑むのは、悪役。「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)」、通称「髪結新三(かみゆいしんざ)」の主役「回り髪結い」の新三です。外題の「八丈」は、罪人が流される島のこと。新三は前科者で八丈島帰りという設定です。このちょっと陰のあるいい男の新三と顔役でヤクザの親分・弥太五郎源七、そして彼らを更に上回る老練さを持つ長屋の家主・長兵衛が繰り広げる江戸市中の人間ドラマが「髪結新三」なのです。

原作者は、江戸末期から明治期を代表する狂言作者、河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)。「髪結新三」は、その黙阿弥が明治になってから書き下ろした傑作です。往時を懐かしむように江戸の美意識やのどかさが描かれています。

観劇後には、国立劇場の人気プログラム「バックステージツアー」に参加いたします。花道を歩いたり、舞台美術を間近で拝見する貴重な機会。ぜひ、小さな小さな旅3月にご参加ください!

c0151691_11271255.jpg
日にち/平成27年 3月14日(土)
久しぶりの土曜開催。お帰り時間が早いのも魅力。
午前9時45分 勝田台駅北口ロータリー、集合
午後10時00分 同、出発
(午後7:30帰着予定)

行 程/国立劇場 大劇場
東京都千代田区隼町4-1

演 目/「梅雨小袖昔八丈」 髪結新三、歌舞伎舞踊「三人形(みつにんぎょう)」
出 演/中村橋之助、中村錦之助ほか

参加費/15000円
往復バス・1等A席チケット・イヤホンガイド・バックステージツアー・車中軽食(昼)・終演後の食事(夕)・旅行傷害保険を含みます。

定 員/35名さま
おかげさまで、満員になりました。キャンセル待ち、受付いたします。

申込〆切/1月30日(金)
〆切以降のキャンセルはご遠慮下さい。

お申込みはお電話で。
[県内]0120-91-6348
[県外]043-463-6348

【お願い】
1)申込〆切の1月30日までに参加費のご入金をお願いいたします。劇場のお座席は、参加費ご入金順です。お隣を希望されるお連れ様とは、一緒にご入金ください。
2)当日、キモノのお着付けを希望される方は、事前にお申し付けください。
3)旅行傷害保険加入のため、お申し込みの際、生年月日をお聞きいたします。
4)基本的に往復とも当方のバスをご利用いただける方に限ります。


NHK大河ドラマには、平成9年「毛利元就」で主役の元就を勤めるなど5作品に出演し、お茶の間でも人気の高い中村橋之助(49)さん。本業の歌舞伎では、父・中村芝翫、大叔父・中村歌右衛門(ともに故人)を頂点とする成駒屋の立役として、また義兄にあたる中村勘三郎(故人)・中村屋の舞台でも幅広い役柄で活躍しています。女優・三田寛子さんとの3人の息子さん達もそれぞれ歌舞伎役者の道に進み、これからますます楽しみな存在です。

演目は、無条件に楽しめる「髪結新三」。橋之助さんが主役の新三、悪役を勤めます。そういえば、昨年の人気TVドラマ「相棒」Season12でも裏のある警視庁公安部長役で登場。ちょっとクールで知的な二枚目の面立ちが悪役にも向いているのかもしれませんね。そんな橋之助さんがどんな新三を演じるか、今から楽しみです。

終演後には、国立劇場が主催する「バックステージツアー」に参加。直前の熱演で役者達の汗がしみこんだ花道や舞台を歩き、舞台セットを間近でご覧いただけきます!
[PR]
by m_katsutadai | 2015-01-23 11:40 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< 明日からの催し「度々のご愛顧感... 【催事情報】度々のご愛顧感謝祭... >>

ページの先頭へ戻る