わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

お正月「商いはじめ」のお菓子が届きました。
c0151691_12361557.jpg来年1月5日・6日の両日、「商いはじめ」と題しましておもてなしを準備しています。毎年お菓子は、干支にちなんだものを取り寄せます。来春は、岐阜県岐阜市の「奈良屋本店」の銘菓「雪たる満(ゆきだるま)」と「都鳥」を選びました。

このふたつは、原料、製法共に同じで、形が異なる姉妹菓子。もともと「雪たる満」は、明治天皇后の昭憲皇太后お気に入りのお菓子で、皇太后から皇居のお堀の鳥の形に作ってみてはとのお言葉から生まれたのが、「都鳥」なのです。口に入れるとまさに雪のように消えていくメレンゲ菓子。どうぞ、「商いはじめ」にご来店ください。

催し物のおもてなしにお菓子を取り寄せる際、どのお菓子屋さんにもお願いするのは、店頭で召し上がる時間のない方のためにお持ち帰り用の小袋を送っていただくこと。最近、お菓子が一つ二つ入るような小袋を用意していないお菓子屋さんが多いように感じます。「普段、店頭で一個二個求めるご常連さんがいらっしゃること」は、私自身の良いお菓子屋さんの定義のひとつ。小袋がないお菓子屋さんは、お使い物やギフトが商売の中心になってしまっているのでしょうね。奈良屋本店さんにはありました、ちゃんと小袋が。買う方に気を使わせないあまりお金のかかっていない袋。一個二個ほしい客にとっては最適な小袋です。間違いなく良いお菓子屋さんです、奈良屋本店さんは。私が保証します。お楽しみに!

[PR]
by m_katsutadai | 2016-12-29 12:40 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< お菓子が届いたので、今度は菓子... 【忘備緑】年末年始に放送される... >>

ページの先頭へ戻る