わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

NHKのスペシャルドラマ、「京都人の密かな愉しみ」
c0151691_17071325.jpg季節ごとに放送され楽しみに拝見しているNHKのスペシャルドラマ、「京都人の密かな愉しみ」。この春の回が「桜散る」と題して今日、放送されました。オムニバス形式のいくつかのドラマを経糸に、京都の市井の人々のドキュメンタリーを緯糸に織りあげた多層構造のドラマ。
c0151691_17072452.jpg「桜散る」では、ドキュ部分に桜守の佐野藤右衛門さんが登場。桜をモチーフにした作品を作る続ける異色の陶芸家 小松華功さんと、京都を代表する作庭家 藤右衛門さんとの出会いが紹介されていました。小松華巧さんも「異色」と言われるだけあってかなり変わった人なのでしょうが、藤右衛門さんの隣に座ると全くの普通の人に見えてしまいます。カメラが回っていることに全くお構いなしで語り、行動する藤右衛門さん・・・
c0151691_17073759.jpg藤右衛門さんが作庭したという華巧さんの工房の庭のオオシマザクラにどんどん登りはじめる藤右衛門さん、89歳。華巧さんが下から、「藤右衛門さん、私、とても不安なんですけど・・・」と。その声に「不安て、なんや!」と返す藤右衛門さん。落ちたらNHKにもかなりの責任が発生するでしょうに、藤右衛門さんを誰も止めることができません。華巧さんのお皿でふるまわれたお料理の盛りつけにも、独自の見解を展開。天真爛漫、我が道を行く、それでいて京都を代表する作庭家と評される佐野藤右衛門さんの真骨頂を見た思いでした。

たっぷり2時間、今回も演技派俳優さんの好演と綿密な取材に基づく良質なドラマでした。現在、再放送の予定はないようです。見逃した方は、店頭でご覧いただけます。お声をお掛けください。

NHKのスペシャルドラマ、「京都人の密かな愉しみ」


[PR]
by m_katsutadai | 2017-05-14 17:09 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< 「舞台は生もの」と言われますが・・・ 4年前の画像です。 >>

ページの先頭へ戻る