わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

「一條大蔵譚」、下見をしてきました。


平治の乱に勝利した平清盛。

「平家にあらずんば人にあらず」と後の世の人々に語られる平家全盛の時代を築きました。

その専横に平家打倒の気運が盛り上がってくる。そんな時代のお話です。

平治の乱で敗死した源氏の頭領、源義朝の妻・常磐御前は、子供たちの命を守るため、

平清盛の側室になり、のちに公家・一條大蔵卿の元に嫁がされていました。

一條大蔵長成卿も源氏にゆかりの人物ですが、誰もが知る「阿呆」。

常磐御前も恨みを忘れたかのように、夜な夜な楊弓遊びにふけっているのでした。

平家打倒派の仲介役・吉岡鬼三太とその妻・お京は、大蔵卿と常磐の本心を探るため、

大蔵卿の屋敷に潜入するのでした・・・・・。

一條大蔵長成卿の本名は、藤原長成。一條というのは屋敷のあった場所を、

大蔵は官職をそれぞれ示しています。

京の都に碁盤の目のように配置された通りにそれぞれ付けられた名前を、

京都に人々は「数え歌」にして覚えています。動画でご紹介いたします。


[PR]
by m_katsutadai | 2017-07-13 11:39 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< 「5万円あたった、社長によろし... 【アマデウス】モーツァルト役に... >>

ページの先頭へ戻る