わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

定休日、江戸刺繍の先生をお訪ねしてきました。
c0151691_16562057.jpg学卒後、親方の自宅兼仕事場での10年の住み込み修行を経て独立。この道50年余のキャリアを積まれた江戸刺繍の先生をお訪ねしてきました。

住み込み修行中は、朝起きると庭の掃除から一日が始まったそう。当初はストーブもなく火鉢が唯一の暖房という過酷な環境。男女合わせて20数名の弟子がいて、夜は仕事部屋を戸板で仕切って男女に分かれて雑魚寝状態だったそうです。「私が子育ての頃には仕事もたくさんあり学校にやることもできたが、今40歳台で小学生が二人いるなんている職人は大変だよ」と、仕事ぶりだけでなくナマの声もお聞きし、伝統工芸の置かれた現状をしばし考えさせられました。
c0151691_16563661.jpg「白内障の手術を受けてから、仕事のたびにメガネをかけかえなきゃいけなくて、面倒だよ」。修行時代苦楽を共にした弟子仲間の中で今も刺繍の仕事をしているのは、今日お訪ねした先生ともう一人のたったお二人だそうです。貴重な体験でした。お仕事の手を止めさせまして、申し訳ありませんでした。

最近よく思うのですが、最低賃金とか、働き方改革などと声高に叫ばれていながら多発する大手メーカーの品質偽装。ものづくり大国日本の信用が揺らいでいるとも言われています。労働環境がよくなれば品質が向上しそうなものですが、現実は逆。うがった見方をすれば、賃金を上げるために品質を落としているようにも見えます。人に喜ばれる仕事がしたいという日本人は本来多いと思うのですが、それが活かせない矛盾した現状がとても残念でなりません。難しいこと書いちゃったなぁ。帰路、車窓の夕景がきれいです。
[PR]
by m_katsutadai | 2017-11-29 17:00 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< エムズ通信号外を発送します。 「草履お直し相談会」、「ファイ... >>

ページの先頭へ戻る