わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

国宝 薬師寺展へ
c0151691_2112275.jpgc0151691_213143.jpg
c0151691_213492.jpgc0151691_215498.jpg
桜のトンネルを通り抜け、東京国立博物館へ。今日も春休み中の三女が一緒です。

c0151691_21185924.jpg特別展「国宝 薬師寺展」開催二日目の今日、予想どおりの人出。にわかに咲きだした桜と薬師寺からお出ましになった国宝の日光、月光の両菩薩、そして同じく国宝の聖観音菩薩の三立像が目当ての人、人、人。。

いつもそうですが、飛鳥時代や平安時代の特別展示を拝見すると、時間の感覚が麻痺します。今回の展示もそのほとんどの製作年代が、7世紀、8世紀。。どれをとっても1300年、1200年前に作られたものばかり。室町時代ごろのものが新しく見えます。

 三女「どうしてこんなに人が来てるの?」
 父 「癒されたいんでしょう、菩薩様を見て」
 三女「これ見て、癒されるぅ?、ホントニ?」

それでも、1000年以上も前の日本人に、これだけの造形表現の技術があったことには、父娘ともにかなり驚きました。。何が新しくて、何が古いのか、、何が進んでいるのか、何が遅れているのか、、時間を超越した世界がここにはあるようです。6月8日までの開催。一見の価値あり、おススメですぞ。あっ、、でも今週末は、当店の催しもお訪ねください。28日から31日まで、「Kimonoてきれい記」展、開催です。。こちらも、ぜひ!!

c0151691_2120588.jpg
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-26 20:24 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< 春眠暁を覚えず。 おもてなしは「花祭りの宴」 >>

ページの先頭へ戻る