わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

2012年 11月 02日 ( 2 )
11月11日催行の・・・
c0151691_2045247.jpg・・・小さな小さな旅「明治座 花形歌舞伎」。ご参加の皆さまに要項をお送りします。配達は、5日(月)頃の予定。つい先日、志の輔さんの独演会を見に行ったばかりですが、今度は今が旬の猿之助さんを迎えた花形歌舞伎。場所は明治座です。

[PR]
by m_katsutadai | 2012-11-02 20:07 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】本場大島紬と十日町の美人キモノ展(エムズ通信63号)
c0151691_11401413.jpgc0151691_11395757.jpg
私ども武藏屋勝田台店としては、久しぶりに取り上げる「本場大島紬」。1年生になったつもりで製造工程の勉強をし書き上げたのが、今号のエムズ通信です。大島紬のコレクターには「保存版」にしていただける内容です。
全体で18にも及ぶ本場大島紬の製造工程から、代表的な3つの工程を写真と簡単な文章でご紹介しました。1ページには、締機(しめばた)による「絣締め」と「染色」のうちテーチ木染を解説しました。2ページには、「染色」のふたつ目の工程「泥染」、そして、絣締めを解く「加工」と呼ばれる工程を紹介しました。今回は、催し物期間中に実際の大島紬の織機を会場に持ち込み、製織の様子をご覧いただけるため、最終工程の「手織り」についてはごく簡単に触れるのみとさせていただきました。

c0151691_11404737.jpgc0151691_11403426.jpg
泥染めはもちろん、草木染料も使われ表情豊かになっている「本場大島紬」。3~4ページでは、特徴的な数点をギャラリー風にご紹介させていただきました。
奄美大島と鹿児島、そして宮崎県都城と3つの組合で生産されている「本場大島紬」。組合の証紙もご紹介しました。絣による柄表現の妙もご覧ください。

c0151691_11412124.jpgc0151691_11411084.jpg
5~6ページが今回の催し物のご案内ページです。バイヤーさんをお迎えしての「大島紬なんでも鑑定団」。そして、伝統工芸士に認定されている織工さんをお迎えしての実演と体験。今回も武藏屋勝田台店らしい催し物になりました。

【本場大島紬と十日町の美人キモノ展】
とき/11月23日(金祝)~26日(月)の四日間 ところ/武藏屋勝田台店

c0151691_11415240.jpgc0151691_1141422.jpg
7ページは、当店主催の着付教室の紹介ページ。キモノの着用機会の多くなるシーズン。ぜひご参考になさってみてください。
最終8ページは、すっかり恒例になったカレンダープレゼントの申込み受付が、今年も始まりました。どうぞふるってお申し込みください!!

[画像をクリックしていただくと大きな画面でご覧いただけます。]

[PR]
by m_katsutadai | 2012-11-02 12:00 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る