わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

2017年 05月 11日 ( 3 )
謡(うたい)と仕舞(しまい)のお教室、開講中
c0151691_14235581.jpg観世流シテ方、中森貫太先生の謡と仕舞のお教室が月に一度、当店広間で開かれています。今日はそのお稽古日。店内に厳かな謡が響き、呉服屋さんらしい BGMになっています。

お教室について詳しくは、
鎌倉能舞台 0467-22-5557
へ、お問い合わせください。

[PR]
by m_katsutadai | 2017-05-11 14:25 | Comments(0)
エムズ通信号外、ご覧ください!
c0151691_12205976.jpg小さな小さな旅に参加申込みいただきますと、予習のための資料を事前にお送りします。7月の小さな小さな旅「国立劇場 歌舞伎鑑賞教室」でも演目の解説や出演する俳優さんのプロフィールをまとめたエムズ通信の号外を作りました。従来は、参加申込みいただいた方へ郵送しておりますが、少しでも内容に興味をもってお申込みいただければと思い、あらかじめ公開させていただきます。

<画像をクリックすると大きな画面でご覧いただけます。
c0151691_12210870.jpg「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」は、平家打倒に暗躍する源氏支持者グループの物語。常磐御前を平清盛から下賜された一條大蔵卿は、清盛の目を欺くため阿呆を演じ、源氏再興の機をうかがっています。常磐御前も復讐を忘れたかのように遊興にふけっています。二人の真意を確かめるため一條家に潜入する吉岡鬼次郎とその妻・お京が耳にし、目にしたのは!? どうぞ、おたのしみに!

小さな小さな旅7月「国立劇場 歌舞伎鑑賞教室」
[PR]
by m_katsutadai | 2017-05-11 12:36 | @店長榎戸 | Comments(0)
新仕入れゆかたのご紹介 その6「瓢(ひさご)」
c0151691_10421422.jpg東京本染めゆかた 丸久商店

風に揺れる「瓢(ひさご)」を描きました。三つで三拍(三瓢)子揃う、六つで無病(六瓢)などといわれる縁起物。注染独特のぼかしと、ごく淡いベージュの地色が、侘びた風情と涼しさの両方を醸し出しています。

綿85%麻15%の綿麻紅梅生地は、汗ばむ季節にもさらりとした着心地を約束してくれます。夏のキモノとしても好適。
表地価格30400円(税別)


[PR]
by m_katsutadai | 2017-05-11 10:44 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る