わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

<   2008年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
店内でも花見がv(^o^)
c0151691_113794.jpgお客様にいただいた箱根桜が満開です(^_^) 二階ではこんやさんの藍染と安田さんの帯が今日迄見る事ができます。土曜日にイギリスの方がこんやさんの藍染の訪問着を試着して下さいました。ご自分で選んで呉服店で着物に手を通す初めての体験!手を通して鏡に映ったご自分にうっとり!満面の笑みにホントにお似合いだったのでなかなか脱ぐ気にならず楽しい一時だった様です。着物がこんなに似合うし素敵だと大発見だったらしくその上ジャパンブルーに魅せられていました。ご覧になれる今日最終日です。日本の素晴らしい技をご覧にいらして下さいm(._.)m
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-31 11:37 | 上野美樹 | Comments(0)
今日から「Kimonoてきれい記展」
c0151691_8171852.jpg 「Kimonoてきれいき」、といってあなたは何を思い浮かべるでしょうか?
 外国へ旅行して日本の文化に気づいたとき。京都に行ったらきものを着て街を歩きたくなった。成人式で振袖を着たとき、夏の浴衣を着たとき。
 散歩をしていて、風のそよぎや小鳥のさえずりをきいてふと、きものを着てみようかな、と思うかもしれません。
 たまたまいったきもの屋さんで反物の肌触りやきものの色彩に触れて心に何かが芽吹くかもしれません。
 もっと現実的に、お茶や踊りなどの習い事を始めて。経済的に余裕がでたり、子育てが一段落して時間ができたということもあるでしょう。
 
 実際の年齢ではない、皆さんの生活の瞬間にある「Kimonoてきれい記」。
 あなたの「Kimonoてきれい記」はどんな時ですか?
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-28 07:58 | 丁稚 | Comments(0)
春眠暁を覚えず。
c0151691_11512716.jpgニュースを見ていたらフジモリ元大統領が裁判中に居眠りしていました。その事に対して病院に行きなさいとの発言! 私もどこでも寝てしまうからそれも病気?! 掃除機かけながら何故か寝ていた事も(><) 春になると眠いですよ! それは病気ではないと思いたいのですが。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-27 11:51 | 上野美樹 | Comments(0)
国宝 薬師寺展へ
c0151691_2112275.jpgc0151691_213143.jpg
c0151691_213492.jpgc0151691_215498.jpg
桜のトンネルを通り抜け、東京国立博物館へ。今日も春休み中の三女が一緒です。

c0151691_21185924.jpg特別展「国宝 薬師寺展」開催二日目の今日、予想どおりの人出。にわかに咲きだした桜と薬師寺からお出ましになった国宝の日光、月光の両菩薩、そして同じく国宝の聖観音菩薩の三立像が目当ての人、人、人。。

いつもそうですが、飛鳥時代や平安時代の特別展示を拝見すると、時間の感覚が麻痺します。今回の展示もそのほとんどの製作年代が、7世紀、8世紀。。どれをとっても1300年、1200年前に作られたものばかり。室町時代ごろのものが新しく見えます。

 三女「どうしてこんなに人が来てるの?」
 父 「癒されたいんでしょう、菩薩様を見て」
 三女「これ見て、癒されるぅ?、ホントニ?」

それでも、1000年以上も前の日本人に、これだけの造形表現の技術があったことには、父娘ともにかなり驚きました。。何が新しくて、何が古いのか、、何が進んでいるのか、何が遅れているのか、、時間を超越した世界がここにはあるようです。6月8日までの開催。一見の価値あり、おススメですぞ。あっ、、でも今週末は、当店の催しもお訪ねください。28日から31日まで、「Kimonoてきれい記」展、開催です。。こちらも、ぜひ!!

c0151691_2120588.jpg
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-26 20:24 | @店長榎戸 | Comments(0)
おもてなしは「花祭りの宴」
c0151691_2012518.jpg「Kimonoてきれい記」展のおもてなしは、題して『花祭りの宴』。。特別な器とお取り寄せメニューをお楽しみください。

「Kimonoてきれい記」展
と き/3月28日(金)~31日(月) あなたに花咲く4日間
ところ/武蔵屋勝田台店 2階「天空の間」

出品作品/京都 本藍染・こんや
        京都 西陣織・安田

c0151691_20104890.jpgなんとか催し物に間に合いました。どこでも手に入らない本藍染羽織紐の頒布会です。
頒布会/本藍染 風水羽織紐(本展完全オリジナル品/限定70本)¥5,000-
      中央のトンボ玉は、風水パワーの5色をご用意いたしました。
      制作協力:[糸染]こんや [トンボ玉・組紐]五嶋紐

おもてなし/花祭りの宴
         □10:30
         □12:00
         □ 2:00
         □ 3:30
         □ 5:30(各回、8名様限定)
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-25 23:59 | @店長榎戸 | Comments(0)
すじの通った女の子(^_^)
c0151691_13235798.jpg 娘の友人に今時には珍しい一本すじの通った女の子がいます。小学校は違っていたのですが中学から学校が一緒になり母は楽しみですv(^o^) 娘が稽古を休みがちだった夏に毎日欠かさず遠くから迎えに来てくれ母も頭が下がりました。決して要領よくはないけど心のある子で大好きです。
 優等生ではなくても心のある子供に娘もなってほしいです。私自身も彼女の様になりたい!と思っています(o^_^o)
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-23 13:23 | 上野美樹 | Comments(0)
ある休日
c0151691_8385160.jpg 今週の休日、昼に近所の蕎麦屋にいきました。食べ終わって駐車場へくると五匹ぐらいの猫がたむろしています。普段こんな光景には出くわさないので、「何かの啓示か!?」、としばらく観ていると、その中の一匹が熱心につめを研ぎ始めました。ひとしきり研いだあとゆっくりとその場を後にして消えていきました。これから獲物をとりにいくのか?先に腹ごしらえを終えたボクは健闘を祈り見送りました。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-21 08:47 | 丁稚 | Comments(2)
久しぶりの校歌!
c0151691_11292148.jpg娘の卒業式が終わり感無量になる暇もなく翌日は中学の説明会。久しぶりに我が母校に行きました。なんとPTAの中に四人も中学の同級生(^^; 説明会どころではなく、同窓会でした。説明会の中で校歌の練習があり四人並んで歌ってました
(-_-;) もう血肉になって自然に歌えるんですね! 帰り際に友人が三年間同じクラスになりたいねと
(^^; なんだか娘より中学生気分満喫でした。なんだかんだ言っても楽しい説明会でしたv(^o^)
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-20 11:29 | 上野美樹 | Comments(0)
お墓参りに青梅へ。
c0151691_1844230.jpg 行ってきました。我が家のルーツ、東京都青梅市。すでに亡くなっている祖父のふるさとです。ここは、榎戸姓が多く、お墓にも榎戸家という文字をあちこちに見ることができます。私の現在の住まいからは、片道130km。約3時間のドライブです。ガソリンを入れ、お花とお線香を買って、さぁ出発ッ! かなり気合いを入れないと、行けない距離なのです。
 さすがにお彼岸ということもあって、お寺さんは檀家さんの車でイッパイ。幸い帰る車があり、駐車することができました。今にも降り出しそうなお天気。。今日は、子規の句のような肌寒い一日。お寺の水場はきっと井戸水なのでしょう、、ひさしぶりに凍えるような水の冷たさです。

c0151691_1861039.jpg 両手にバケツの水を抱えてお墓に行くと、、まだ誰も来ていなかったようで、我が家のお墓にはお花はなし。。きっと誰かがすでに来ているだろうと思って、お花を少な目にしたのですが、肩すかしでした。ぞうきんで洗い清め、お花を生けて、、お線香を焚いて、、、合掌。チャッカリ、これからの行く手を照らしてくださいますようにと、、ご先祖さまにお願いしてきました。

c0151691_1824112.jpg お寺さんは、臨済宗建長寺派 瀑布山常保禅寺。道々、たくさんのお寺の前を通るのです。青梅は、お寺さんが多いように感じます。臨済宗のお寺も他にも見かけ、鎌倉以来の歴史なのかもしれません。

 お参りを済ませるのを待ってくれたかのようにポツリポツリと雨が。雨がひどくならないうちに、、帰りの渋滞が始まらないうちにと、せっかくの梅の花も見ないで帰路へ。。それでも帰宅はこの時間。。疲れますが、ちょっと気分はすっきりの定休日です。明日は、お中日、ですね。
瀑布山常保禅寺
平将門にもゆかりのある地だそうで、詳しくはこちらからご覧ください。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-19 19:00 | @店長榎戸 | Comments(0)
武蔵屋勝田台店の春
c0151691_13182426.jpg嫌われ者の柊でもこんなに可憐な花をつけることに気づく、武蔵屋勝田台店の春です。店の東側を取り巻く植え込みには、季節の花々が。ご来店の前に、まずはお花見をお楽しみください。
c0151691_13191953.jpg
「ボケ」というやや不名誉な名を持つ木ですが、毎年ぼけることなく紅色の花を咲かせます。この木と紅梅の二本は、もともと前の店舗の入り口にあった小さな植え込みから一緒に引っ越してきた戦友。植物も人も、かけた愛情の分、笑顔を返してくれますね。

c0151691_13223112.jpg
c0151691_13441368.jpg
額紫陽花の芽吹き。花も綺麗ですが、この時期の若芽や若葉も見逃すことはできません。寒い冬に芽吹きの準備をしていた木々の努力を思い知らされる瞬間です。きっと今、すでに花の準備が着々と進んでいるのでしょう。
c0151691_134512100.jpg
自動ドアの前では、パンジーがお出迎え。受付嬢はこうでなきゃという美貌と愛想の良さ。聞こえませんか? 「いらっしゃいませ!」。
c0151691_13242533.jpg
お気をつけあそばせ、、、足下にも小さな命が懸命に花を咲かせています。「かわいいね」、ついつい声をかけたくなる小さな小さな草花です。

c0151691_13555847.jpg
店頭では、こんな春もお配りしています。







「Kimonoてきれい記」展
と き/3月28日(金)~31日(月) あなたに花咲く4日間
ところ/武蔵屋勝田台店 2階「天空の間」

出品作品/京都 本藍染・こんや
        京都 西陣織・安田

頒布会/本藍染 風水羽織紐(本展完全オリジナル品/限定70本)¥5,000-

おもてなし/花祭りの宴
         □10:30
         □12:00
         □ 2:00
         □ 3:30
         □ 5:30(各回、8名様限定)

■案内状の送付を希望される方は、ここからお申し込みください。件名に「案内状送付希望」とお書きいただき、本文にお名前、ご住所は必須。できればお電話番号をご記入ください。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-03-15 12:38 | @店長榎戸 | Comments(6)

ページの先頭へ戻る