わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

<   2008年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧
いい天気~♪
c0151691_21502755.jpg 昨日今日と素敵な陽気が続いていますね。
最近は催事 間近とあって外回りの日々です。
でもこんな天気の日はちょっとしたドライブ気分で車を走らせます。
少し走れば、車窓に広がる田園風景。
和みます。
すごく気持ちいい。

こんなノンビリしたブログを書き続けてもうすぐ一周年。
これからもノンビリと頑張りまっす!!
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-28 22:24 | 丁稚 | Comments(2)
ブログ開設一周年記念日まで・・・
・・・あと24日となりました。ホントに早い! 時の過ぎるスピードの速さに、、驚かされるばかり。。何かお祝い企画でもやりますかねぇ、、丁稚くん!
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-28 19:24 | @店長榎戸 | Comments(0)
歌舞伎のチラシ
c0151691_20154678.jpg歌舞伎公演のチラシは、仮チラシと役者さんが衣装を着た本チラシがあります。ご存知のとおりお稽古期間が非常に短い歌舞伎では、本チラシがぎりぎりにならないと上がってきません。中には、公演が始まってから・・・なんてこともあり、何のためにチラシを作っているのか不思議に感じることも。

さて、11月にチイ旅企画で拝見する「花形歌舞伎」も、いまだに仮チラシのまま。それでも、現在は仮チラシの第二弾になっていて、花形だけでなく共演者のお名前も紹介された内容に代わっています。

今までに拝見した舞台で見知った方々も出演していますよ。昨年1月の浅草公会堂「新春花形歌舞伎」の市川男女蔵さん、「義経千本桜」で弁慶をお勤めでした。舞台がはねてから私たちの食事場所にわざわざお越しくださり、一時の歓談を持ちました。今回の舞台では、「伽羅先代萩」で二役、前半の「絹川谷蔵」と後半「渡辺外記左衛門」を演じます。大切なお役です。

今年3月に国立劇場で拝見した「歌舞伎鑑賞教室」。冒頭部分の歌舞伎のレクチャーで上手にお話をされていた澤村宗之助さんも今回の舞台に立ちます。「対決・刃傷の場」の「山中鹿之助」役で、男女蔵さんの「渡辺外記左衛門」と一緒に登場。このおふたりの活躍も見逃せませんね。

歌舞伎を好きになる近道は、贔屓の役者さんを作ることだと言います。そりゃ、入れあげちゃっても困りますけど・・・。脇に出てくる役者さんにも注目して観てみてはいかがでしょうか。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-27 12:15 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】喜望展
c0151691_15221255.jpgc0151691_1522259.jpg

c0151691_16242849.jpg私、店長が修業先から武蔵屋に戻り、今年でちょうど20年を迎えました。
これまでのご愛顧に感謝する催し「喜望展」を開催いたします。

【店長 榎戸秀典 武蔵屋回帰20年 喜望展】
   第一弾/10月31日(金)~11月3日(月祝)
   第二弾/11月14日(金)~17日(月)



私が、武蔵屋に戻ったのは、平成元年4月。初めて消費税(当時3%)が導入された時期と重なります。翌年暮れには、バブルが崩壊。平成3年からの11年ほどが、今では「失われた10年」と呼ばれています。確かに大変でしたが、優しいお客様に恵まれて、苦しくも楽しい時代でした。お客様ときものを着て出かけるようになったのもこのころ。「行きにくいから会費を取ってよ」とおっしゃるお客様の声で、会費制となり「小さな小さな旅企画」が生まれました。もし会費制でなかったら、こんなに長く続かなかったでしょうね。やがて、募集には、店からの広報紙「エムズ通信」を使うようになり、多くのお客様に公平にお知らせする方法へと。

11月9日(日)には、その小さな小さな旅企画で「新橋演舞場 花形歌舞伎」を訪ねます。歌舞伎ブームや出演者の人気にも助けられ、現在83名の方がエントリー。最近の景気後退で、本業の方は鳴かず飛ばずですが、今までどおりお客様に奉仕する姿勢で航海していこうと思っております。

その決意の催しでもある「喜望展」。皆さまのご来場を心からお待ち申し上げております。ご案内状をご希望の方は、こちらからお申し込みください。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-26 10:21 | @店長榎戸 | Comments(0)
iPodのお供
c0151691_8264429.jpg 新しいイヤホンを買いました。
ゼンハイザーというドイツの音響機器メーカーのものです。
イヤホンやヘッドホンが有名で、「プロフェッショナルな用途にも使われている」そうです。
これは「sport line」というカテゴリーもので僕が使うにはぴったりだと思って購入しました。
首の後ろにネックを回す構造なのでちょっとはずして首にかけたりできるのが便利です。
以前はカナル型(耳栓型)を使っていたのですが、ノイズが入るようになり探していたらちょうどいいものが。色目もかっこいいし、iPodにもぴったり。周りの音も聞こえるから安全です。
歩いて走って、自転車で大活躍です。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-25 08:32 | 丁稚 | Comments(0)
雨でひと休み。
c0151691_191942.jpg生け垣が元気に伸びすぎて、、散髪を始めています。事務のNさんと、雑貨担当のUさんなど、バックヤードのメンバーがおもにやってくれています。切るだけでなく、ゴミ収集に出せるようにまとめなくてはなりません。大変な作業、感謝感謝です。昨日今日は、久しぶりの雨に作業は中断、雨のひと休みです。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-24 10:15 | @店長榎戸 | Comments(0)
年金特別便が・・・
c0151691_18571441.jpg・・・が届きました。で、、長年、勘違いしてきたことを発見。修業先S社から武蔵屋に帰ってきたのを平成2年の春とばかり思っていたのですが、「年金特別便」の記述で平成元年だったことに気づきました。指折り数えていたわけではないのですが、武蔵屋に戻って今年が満20年! お陰様で節目の年になりました。それで、、お祝いの催しを企画しました。
よく呉服屋さんでは、修業先から後継者が帰ってくると、「帰望展」(きぼうてん)というタイトルの催し物を開き、お披露目をします。私の場合は、何となく気恥ずかしく、、それをやっていません。でも、いまさら「帰望」でもないだろうと言うことで出てきたのが「喜望展」(きぼうてん)。「喜望」は、アフリカの南端、「喜望峰」からいただきました。ヨーロッパからインドへの海路、一番の難所だったのがこの喜望峰です。これを越えれば穏やかな海。船乗り達にはまさに「希望の岬 Cape of Good Hope」に見えたことでしょう。日本語ではなぜか「喜望峰」と表記されています。「喜び望む」の方が、「希なる望み」よりいいですよね。で、、「喜望展」、そろそろご案内状が届き始めているようです。皆さん、、お顔を見せてくださるといいなぁ。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-23 19:26 | @店長榎戸 | Comments(0)
休日、上野へ
c0151691_1848248.jpg定休日の今日、上野公園へ出かけてきました。12月恒例の小さな小さな旅「Mの聖夜」の下見。お食事場所は、上野公園内のあるお店(まだ内緒)。。宴席は、5時からの予定。その前に、せっかくですから着物でそぞろ歩きできるところを探さなくてはいけません。

当然思いつきそうなのが美術館。会場に一番近い「上野の森美術館」では、小さな旅の当日、「レオナール・フジタ展」を開催中。・・・開催中ですが、ちょっとマニアック。皆さんがご存知というわけにはいかないでしょう。

c0151691_18405378.jpg次に、「東京都美術館」の「フェルメール展」。こちらはテレビ等でも盛んにコマーシャルされていて、認知度は高そう。で、、今日、行ってきました。水曜日だというのに会場にはそこそこのお客様。あまり広くない東京都美術館では、混雑しているようにさえ感じました。会場を出て、インフォメーションコーナーで、土日の混雑状況を尋ねると、やはり入場するまでに待ち時間があるとのこと。これじゃあ、だめです。「東京国立博物館」は、特別展はやっていませんし、今年の7月に小さな旅で訪ねたばかり。。

c0151691_1840569.jpgそこで、ふと思いついて「国際子ども図書館」へ。東京国立博物館の脇を寛永寺に向かって歩いていくと、左手に大きな西洋建築物が。シンメトリーな外形、ロココ調の彫刻に覆われた瀟洒な建物です。

ガラス張りの玄関エントランスを入ると、中は図書館らしい静けさ。1階にはカフェテラスもあり、お休みいただくには丁度良さそうです。3階に上がり、ミュージアムへ。会場では、「童画の世界-絵雑誌とその画家たち」展を開催中。これが来年2月までのロングラン。しかも会場外のラウンジでは、写真撮影もできます。ここがひとつの候補になりそうです。

もう一つの候補は、「旧岩崎邸庭園」。しかし、残念ながら今日は時間切れ。またあらためて出直すことに。そして、最後に食事場所のお店を訪ねして、予約の再確認。先方も電話だけの予約では心配でしょう。お互いに顔見せしておくことは重要です。「特別おいしい○○を用意しておきます!」というお店の方の声を背に今日の予定は終了。充実の「休日」でした(汗、汗、)。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-22 23:24 | @店長榎戸 | Comments(0)
厳しくも優しいお言葉を・・・
・・・いただきました。今年の夏の「機織り体験」にご参加いただいた千葉市在住の60代女性から。体験の感想文をお願いしていた用紙が、10月10日にFAXで届きました。全文を以下に。

初めて機織り体験を楽しくさせて頂き、ありがとうございました。戦前の女性達が、家族の為・生活の為、心をこめて織り上げていったのであろう事が偲ばれ、心暖まる一時でした。

最後に、呉服屋さんでいつも感じることなのですが、『売らんかなの姿勢』の言動がとても不快なのです。昔はもっとゆったりした対話があったように思い出されます。着物離れの一因でもあるかと思います。お客様が買いたいものだけ買えるようなお店を目指して頂けたらと希望いたします。洋服屋さんだと、アドバイスはしてくださるけど、不必要なものをセールスしたりしませんから。お店の売り上げを気にするあまり、あれもこれも言われるのは、とても困るのです。あくまでも今回対応してくださった担当の方が嫌だったという意味ではありません。呉服屋さん全体に言えることとして、書かせて頂きました。

若い方も気軽に入って、お買い物が出来るような、お客様に優しいお店を目指して下さい。そうすればリピーターが増えると思います。


c0151691_10224774.jpgFAXでのご指摘のとおり、私@店長の子供の頃は、ホントにのんびりしたものでした。一日中女将さんとおしゃべりする方や、番頭さんと将棋を指す人。。子供心に、大人っていいなぁと、、不謹慎にも感じるほどでした。私たちが今目指そうとしているお店は、まさにこんな店。憩いの場にしていただければと思っています。接客する私たちもそんな時間が提供できるように心がけたいと思っております。FAX、ありがとうございました。(写真は普段の店頭の様子です)
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-20 10:36 | @店長榎戸 | Comments(0)
大根、疾走!!
c0151691_21493050.jpg 先日、お客様に大根をいただきました。
お店の人みんなに二本ずつです。
 もう半年ぐらい、家と武蔵屋の行き帰りは徒歩で通ってましたけど、
最近は行きは歩き、帰りはRUN、
とちょっとエスカレートしてまして、
この日ももちろん走って帰りました。
リュックに大根をさし、成田街道を疾走です。
すれ違う人、車にじろっと見られます。
まあ、明らかに怪しいですよね。
畑からもいできた様な風体ですから。
しかもランニングして。。。
でも走りながら、普通におろしにしてご飯にかけて食べようかな、とか、豆腐にもみじおろしもいいな、魚と煮てもいいし、鶏のスープもいいなと食べることだけ考えて、家に着くまでは特に気にせず帰りました。

T様、ありがとうございました!!
美味しくいただいてます!!!
[PR]
by m_katsutadai | 2008-10-19 21:55 | 丁稚 | Comments(1)

ページの先頭へ戻る