わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

<   2009年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ドラマ「白洲次郎」、観ましたか。
c0151691_20564027.jpg「従順ならざる唯一の日本人」。GHQからそう呼ばれた、まさに伝説の人。町田市能ケ谷に今も住宅が残され、私設博物館として公開されています。私自身、新婚時代から約8年間を町田で過ごしたということもあり、興味の尽きない人です。ドラマでは、彼の人生の奇想天外さだけでなく、とても丁寧なカメラワークやカット割が施され、テレビにクギ付けになりました。音楽も珠玉。。1話、2話に続く最終話の放映は8月。今のところそれまでの間は再放送の予定はなさそう。。見逃した方は、お店のテレビでどうぞ。HD録画してあります。
c0151691_2057812.jpgで、、お店では、「天地人 染織展」の準備が進んでいます。上杉家の家紋「竹に二羽飛び雀」と直江家の「三つ亀甲花角」の垂れ幕をつくりました。設置は、開催前日の商品搬入時に。。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-30 00:30 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】天地人 染織展
今年の大河ドラマの主人公は、戦国時代から江戸時代初期まで、上杉家につかえた直江兼続(なおえかねつぐ)。名参謀として、歴史の話題だけでなく経済評論などにも取りあげられる異色の戦国武将です。織田信長、豊臣秀吉、そして徳川家康と天下人が変わる中、上杉家は越後から会津、米沢へと、転封を余儀なくされてきました。それぞれの地に兼続がともした殖産興業の灯が今も受け継がれています。そのひとつが麻栽培です。カラムシ、別名を苧麻(ちょま)、青苧(あおそ)、ラミー麻と呼ばれるイラクサ科の多年草。その繊維から糸を績(う)み、織物を織ったのです。

c0151691_1672475.jpgc0151691_1673639.jpg
「天地人 染織展」では、新潟・十日町産地と山形・米沢産地から染織品をご紹介いたします。兼続のまいた種が咲かせた大輪の花を、どうぞご覧ください。

出品商品/十日町「粋渋庵」・米沢「漢方染 菅原工房」

「愛のおもてなし」【一日限定20食】
 新潟/笹寿司
 石川/加賀麩のお吸い物
 山形/赤かぶ漬

とき/4月3日(金)・4日(土)・5日(日)の三日間
ところ/武蔵屋勝田台店 2階「天空の間」
[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-29 16:17 | @店長榎戸 | Comments(0)
上杉屋敷建設、三日目
c0151691_14152617.jpg建設三日目。柱に開けた穴に陶製の一輪挿しを取り付けました。これで事前にできる一連の作業は終了。あとは前日の搬入を待つだけ。当日のお客さまの反応が今から楽しみです。
c0151691_14153939.jpgこんな具合。さて、どんな花を活けましょうか。。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-28 14:25 | @店長榎戸 | Comments(0)
今宵は歓迎会。
c0151691_22343484.jpg丁稚くんの卒業を一ヶ月後に控え、新しいスタッフを迎えることに。そして、今宵はその歓迎会。

ところは、仏蘭西料理「貝殻亭」。店内のランドマークは、何といってもこのテーブルです。カメルーンの巨木「ブビンガ」から切り出したという一枚板。なんと全長9メートルもあるそう。このテーブルを囲んで、まずは打ち解けあおうって寸法です。
c0151691_22345043.jpg船橋の古民家を移築したという貝殻亭。メインダイニングは、太い梁の高い天井が開放的なムードをつくりだしています。ステンドグラスの照明からは、あたたな光が。
c0151691_2235459.jpg今宵のメインディッシュは、鴨肉。どのお料理も付け合わせのお野菜が豊かで、貝殻亭さんのヘルシー志向がよくわかります。しかも地元の契約農家から仕入れられる新鮮野菜です。
c0151691_22353126.jpgさてさて、最後のデザートでは、貝殻亭さんからの粋なはからいが。。新人さん二人に運ばれてきたお皿には、「よろしくお願いします」とチョコレートでメッセージが書かれているではありませんか!! これには一同大ウケ。。おかげさまで和やかかな雰囲気で、歓迎の宴を催すことができました。

Hさん、Tさん、、末永く、よろしくお願いいたします!

[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-27 22:35 | @店長榎戸 | Comments(0)
上杉屋敷建設、二日目
c0151691_1846362.jpg一昨日に引き続き、柱の下部の飾りを取り付け。こちらには、タイトルの「天地人」と直江家の家紋「三つ亀甲花角」をあしらいました。
c0151691_18462066.jpgそして柱に穴をあけ、、、これはあるモノを取り付けるため。そのあるモノは今週末の土曜に入荷予定。作業はそれからです。
c0151691_18465056.jpgそして、一部分には、目隠しに障子をはめ込みました。これは障子の裏側を「おもてなしコーナー」にするためです。軽い軽いお食事を用意しているので、展示会場との目線が合わないようにした方がいいかなぁと思って・・・。

さてさて、だいぶ形が見えてきた上杉屋敷。作業は、明後日土曜日につづく。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-26 19:15 | @店長榎戸 | Comments(0)
日帰り17世紀の旅
c0151691_19235153.jpg定休日、上野の国立西洋美術館へ。あいにくの雨。最近、多くないですか、雨。。開催中の「ルーブル美術館展-17世紀ヨーロッパ絵画-」を三女と訪ねてきました。

現在東京では二つのルーブル美術館展が開催中。なんと狙ってぶつけたわけではないそうです。もうひとつは、国立新美術館で始まった「ルーヴル美術館展-美の宮殿の子どもたち-」。どちらに行こうか迷いましたが、とりあえず老舗の上野へ。
c0151691_1924417.jpg前庭のロダンの彫刻も雨に濡れています。ウィークデーの午前中、しかも雨。。空いていると思っていたのですが、予想外の人出。「ルーブル」の威力なのか、周辺の美術館や博物館で特別展を開催していないためなの一人勝ちなのかは知りませんが、ともかくビックリ。。それでも人出に負けず、全コレクションを3時間かけてじっくりと堪能してきました。
c0151691_22434694.jpg西洋美術館を後に、今度は国際子ども図書館へ。昨年の12月、お流れになってしまった「ちい旅」で訪ねる予定だった場所です。後ろのアンティークな建物は、帝国図書館として明治39年(1906)に創建されたもの。ガラスのエントランスは、平成12年(2000)に国際子ども図書館として開館した際、建築家・安藤忠雄の設計で付け加えられたスペースです。
c0151691_19242633.jpg「これは子ども図書館じゃないでしょ」と三女。それほど建物の隅々には大人の雰囲気が充満しています。20世紀初頭の建築や美術思想、アール・ヌーヴォーそのままの空気が流れているメイン階段部分。
c0151691_19243866.jpg子ども図書館の裏外壁側に増床されたガラス張りのロビースペース。もともとは2階や3階の外壁だった部分をこうして間近に見ることができます。100年前の建物と、21世紀の建築物が見事に融合し、まったく新しい世界をつくっています。いつ見ても、、やはり安藤忠雄は天才だと思えます。

っというわけで、4月から高校生の三女、春休みの一日でした。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-25 19:24 | @店長榎戸 | Comments(0)
上杉屋敷、建設中ッ!
c0151691_18101088.jpg次なる催しは、NHK大河ドラマ「天地人」にちなんで、新潟十日町産地と山形米沢産地の染織品をご紹介するつもり。先日、ヒントを探しに東京渋谷のNHK放送センターも訪ねてきました。見学コースのちょっとしたセットに触発されて、展示会場の上杉屋敷化計画を思い立ちました。で、、、こんな具合。。けっこういろんなモノが手作りの当店。。その裏側をご紹介します。
c0151691_18102884.jpgまずは、座敷と廊下を隔てる敷居に柱を立てることに。ふすまの高さに合わせて木材を切ってもらい、はめ込み、、ずれないように桟(さん)にスチレンボードをはめ込みました。
c0151691_18105963.jpg柱の上部に、上杉家の家紋を柱の飾り風に取り付けて、今日の作業は終了。。夜はこの部屋で日舞のお教室があるのです。なんか、それっぽいですねぇ。。
c0151691_1811837.jpg「竹に飛び雀」が上杉家の家紋。分かってもらえるでしょうかねぇ・・・。

催し物のタイトルは、ズバリ「天地人」。ご案内状を希望される方は、こちらからお申し込みください! お問い合せの種類は「催事に関して」、返信を希望する店舗は「千葉勝田台店」をそれぞれチェックし、お問い合わせ内容欄には「天地人、案内状希望」とご記入ください。お名前、ご住所は必須。できればお電話番号もお書き添えください。開催は、4月3日(金)~5日(日)の三日間です。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-24 18:33 | @店長榎戸 | Comments(0)
おお~、天気雨。
c0151691_10283121.jpg
朝からお天気雨。

天気雨には狐の嫁入りがあるといわれています。

外に出てはいけないと子供に言い聞かせるための寓話なのでしょうか。

まだ里山の残る印西市や八千代市、佐倉市など私の生活圏では

天気雨にはなるほど狐の嫁入りがありそうな風景があちこちにあります。

さすがに狐は棲んでいなでしょうが。


[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-24 10:42 | @店長榎戸 | Comments(0)
ああ~、東京マラソン
c0151691_7173944.jpg 先週の日曜に開催された東京マラソン。
今年は去年の2月開催から3月に移り、気候的にも走りやすい時期になりました。
去年に比べると曇り空の天気でしたが、なんとかもったようです。
自分も去年に引き続き、今回はフルマラソンで挑戦しようと思ったんですが、あえなく落選。
今年は仕事に出て、あまりニュースなどにも気が回りませんでした。
写真はボランティアに参加した義父が撮影したものです。
1月にハーフマラソン、そして今回の東京マラソンと計画してたのですが、どちらも参加できずじまいで終わった今年の始めです。
来年こそはフルマラソンに挑戦したいものです。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-24 07:30 | 丁稚 | Comments(2)
雨の中、続々と・・・
c0151691_13582566.jpg成人式のお衣装、振袖をお選びになるお客さまのご来店が続いています。お父さまはもちろん、ご兄弟もご一緒にお見えになる方が少なくなく、お嬢さまのご成人がご家族の皆さんにとって大きなイベントになっていることがうかがえます。「成人式」のルーツである「元服の儀」や「加冠の儀」を考えれば、ご家族で祝うのは当然のこと。皆さんが、かけがえのない思い出を残していただけるよう、私たちも応援いたします。

c0151691_14173396.jpg雨の日の店内はこんな感じ。。いつもより更にゆっくりとした時間が流れています。つもりつもったお話に花を咲かせる方や、お嬢さまの成長に目を細めるご両親様。。呉服屋さんらしい店内の風景です。
c0151691_14174441.jpg

[PR]
by m_katsutadai | 2009-03-22 14:05 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る