わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
雨ニモマケズ、選挙ニモマケズ
c0151691_23283214.jpg自転車程度の速度にスピードを落とした台風11が、房総半島の東岸をなめるように進んでいきました。思わぬ妨害の入った催事最終日です。
c0151691_237178.jpg悪天候にもかかわらず、、というか、思ったほどのとんでもない荒天にならなかったため、午前中からお客様のご来店が。。タンスから出てきた昔のお着物をどうするか、熱心に職人さんに相談する方もいらっしゃいました。ひとつひとつ細かく見積が出て、納得したものだけお仕事にかかります。普段、店頭で私たちがお手入れをお預かりするときは後日お見積もりの連絡をさせていただきます。やはり目の前で即金額が出るというのは、お客様にとってはいいですよね。年内にもう一度くらい来ていただこうと思っています。
c0151691_2374152.jpg4日間の催事が終わり、20日から2週間に渡ってお借りしていた機(はた)とも今日でお別れ。毎年の恒例行事だけに、ちょっと寂しい気分です。
c0151691_238109.jpg機からは、経糸(たていと)が通っている筬(おさ)と綜絖(そうこう)が取り外ずされ、、骨組みだけにされます。外された頭脳部分は別に梱包し、発送の準備が整います。

c0151691_2382515.jpgそして、展示会場の商品も。。メーカー社長さんの号令で、当店の若手メンバーもキビキビと働いてくれています。来年の8月まで、、しばらくのお別れ。この催しが終わると、急に秋の訪れを感じるのです。

国政選挙や台風の接近ニモマケズご来店くださったお客様に、心から御礼申し上げます。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-31 23:48 | @店長榎戸 | Comments(0)
台風接近の今日、催し最終日
c0151691_9263523.jpgc0151691_9265781.jpg
朝9時15分現在の外の様子。まだ雨はさほど強くありませんが、風はかなり強さを増してきました。「結城紬大図鑑展」最終日、あいにくのお天気になってしまいました。それでもご来店のお客様には、逆にゆっくりとお楽しみいただけるのでは、、と思っています。お足元にくれぐれもお気をつけいただきながら、ご来店を!
[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-31 09:30 | @店長榎戸 | Comments(0)
つぶらな瞳の爽やか系店長
c0151691_2075440.jpg今日お預かりしたちびっ子機織り体験の感想文。余白にこんな似顔絵が。。まぁ、なんて似てるんでしょう!? まるで、TOYOTAのお店の子供店長さんがメガネをかけたよう。。ありがとうございます、大事にしますね、サリナちゃん!!
c0151691_2082545.jpgさてさて、今日から二日間は、シミ抜き職人さんが当店に出張してくださっています。出番のすんだ夏ものや、秋に着用予定のお着物など点検しませんか。その場で落とせるシミは、なんと1050円でとってくださいます。目の前で、シミ抜きの技を拝見することもできますよ!
c0151691_2084295.jpgそして、草履の斡旋コーナーも好評です。鼻緒は、私どもからのプレゼント(お一人様1本限り)。お好きな台を選んでご注文ください。台も本革台が10500円からと非常ぉ~にお徳です。

小判型 M・L/10500円 S・LL/12600円
R芯台 M・L/10500円 S・LL/12600円
6分2枚芯 M/13650円 L/14700円 S・LL/15750円
5分3枚芯 M/13650円 L/14700円 S・LL/15750円
その他、下駄もあります。明日、31日までの開催です。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-30 20:10 | @店長榎戸 | Comments(4)
催し物、点描
c0151691_1481998.jpgストレスがたまると、より細密な手芸に手をだしたくなるとおっしゃっていらした「まろん」さん。高校生のころにご自分で縫った浴衣でご来店くださいました。越数をしっかり数えながら織っていらっしゃる様子に、几帳面なご性格が・・・。
c0151691_14856100.jpg展示会場入り口から中を眺めるとこんな具合。右が展示スペース。まっすぐ奥はおやすみ処です。
c0151691_1494178.jpg展示スペースには、鏡の中のご自分にうっとりされているご婦人や、熱心に産地のお話を聞いてくださるご家族様など、、数組のお客様が集っていらっしゃいます。ご来店、本当にありがとうございます。
c0151691_1501352.jpgで、、おやすみ処には、小さな小さな御常連様も。おや、、もう数字を書けるようになったのですね! たくさんのご家族の中で育っているだけあって、刺激が豊富なのでしょうね。@店長も保父さんになったつもりでお絵かきと折り紙をご一緒させていただきました。。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-30 01:51 | @店長榎戸 | Comments(2)
はたおりのおにいさん!?
c0151691_1484328.jpgc0151691_149677.jpg
「結城紬大図鑑展」が始まり、同時に前週に行われた「ちびっ子機織り体験」の作品の引き渡しも始まっています。お願いしていた感想文もお寄せいただき、会場に掲示させていただいています。「あいかわらずやさくくおしえてくれたはたおりのおにいさん」とお世辞を書いてくださったこちらは、今年で2回目の御常連。そのお父様お母様にも体験でお伝えしたいことをしっかりと受け止めてくださったいるようで、うれしいかぎりです。c0151691_1494758.jpgc0151691_150898.jpg
本展のおもてなしは、この通り。まずは、暑い中をお越しくださった皆さまに「銀座あけぼの」の冷たい銘菓「日向夏くずきり」に水だしのほうじ茶を添えて。。そしてお帰りには、目でも涼しさを感じていただくお菓子「上うちわ」に温かいお茶を。ゆっくりとした時間と会話をお楽しみいただきたいと思っています。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-29 01:51 | @店長榎戸 | Comments(0)
準備ができました、「結城紬大図鑑展」
催しの準備を終え、午前様の帰宅。。心地よい疲れが残ったまま、PCに向かっています。

c0151691_14548100.jpgc0151691_1461336.jpg
c0151691_148377.jpgc0151691_14854100.jpg
もし、年に一度だけ私どもの催し物に来てくださるとおっしゃるのなら、迷わずこの催しにご来場をお勧めいたします。

今回で11回目となる「結城紬大図鑑展」。見る楽しさ、触れる楽しさ、そしてお買物の醍醐味。モノづくりを体験する喜び、そして、もてなしに心和む喜び。さまざまな要素が織り込まれた武蔵屋勝田台店を代表する催しです。

ただただ11回、同じことを繰り返してきたわけではありません。さまざまなことを加えたり、逆に引っ込めたり、、メーカーさんと私たちスタッフが工夫を重ねて現在の形になりました。武蔵屋勝田台店というキモノ屋さんがどんなお店か、どんな人がどんな思いで働いているか、、そんなことも感じていただけると信じています。31日まで4日間の開催です。

c0151691_2294436.jpgc0151691_230014.jpg
こんな、アジアな香りの半巾帯や、結城紬の鼻緒もあなたのお越しをお待ちしております!
[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-28 02:11 | @店長榎戸 | Comments(0)
よくできてますねぇ~と、言われる「機(はた)」
c0151691_12194138.jpgちびっ子機織り体験に引き続き、今週金曜からは「大人の機織り体験」を開催。使っているのは、「高機(たかはた)」と呼ばれる織機で、左の図のような仕組みになっています。
c0151691_12233456.jpgこれが(おさ)。櫛の目状になっていて、それぞれに経糸(たていと)が2本ずつ、丁寧に通されています。緯糸(よこいと)を掻き寄せ打ち込み、織り上げていく役割をしています。漢字を見るとかつては竹製であったことが分かります。現在は金属でできています。

経(たていと)の旧字体は、。まさに、機に張られた「たていと」を表していることが分かります。
c0151691_12401630.jpg
古代の機織りは、こんな具合。経糸を立木や柱に固定して、腰で経糸を引きテンションをかける「腰帯機(ようたいき)」と呼ばれる織機です。実は、という文字をよく見ると、この腰帯機の象形文字であることが分かります。木に糸が張ってあり、手元に筬があるという機の形状を表しているのです。これらの漢字自体も非常ぉ~によくできています。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-25 12:51 | @店長榎戸 | Comments(0)
素敵な兄妹と我が家の不良娘
c0151691_1143973.jpgc0151691_1152431.jpg
c0151691_1154495.jpg精一杯背伸びをしてようやく踏み木を踏み、、指先でやっと筬(おさ)を手元に寄せる・・・体をいっぱいに使って、どうしても一人でやりたいと頑張ってくれました。やさしいお兄ちゃんは、ずっと背中を支えてあげてくれました。喧嘩する時もあるでしょう。涙することも。。でも、こうして助け合うことができる、たった一人の妹だから。たった一人の兄だから。

今年のちびっこ機織り体験を終了。ご参加、ありがとうございました。

c0151691_1171890.jpgさてさて、今日は、我が家の次女の誕生日。平成元年生まれのハタチです。「Oh! Nuts オーナッツ」という名のケーキは、彼女の愛称「おなつ」に合わせて母親が買ってきました。そんな親の心も知らず、夜11時になっても当の本人は戻らず、ケーキは家族のお腹の中へ。今頃不良娘はどうしていることやら・・・。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-24 23:53 | @店長榎戸 | Comments(0)
家族で機織りを
c0151691_23104243.jpg今年は、お父さまのご参加も目立ちます。今日は父と娘の共同作業。私@店長もこんな機会が欲しかったなぁと、今更ながらに思います。

c0151691_23105954.jpg







次女さんの機織りを見守るお姉さまとお母さま、そしてお父さま。。口だけでなく、ついつい手も出ます。ほほえましい光景です。ちびっこ機織り体験、、あと一日となりました。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-23 23:17 | @店長榎戸 | Comments(0)
HATAORIとHANABI
c0151691_234464.jpg父と息子の機織り。踏み木に足の届かないお子さんには、親御さんに踏み木を、シャトルと筬(おさ)の操作をお子さんがするという共同作業を。
c0151691_2343947.jpg
c0151691_2352986.jpg小さな手で機(はた)を織っているさまは微笑ましくもあり、ひたむきさに教えられるようでもあります。今年で10回目を数えるこの行事。毎年20数組、40人前後のお子様と親御さんに機に座っていただき、作品制作と伝統文化に触れる時間を持っていただいています。「貴重な体験をありがとうございました」、、という言葉に支えられてここまで来ました。

c0151691_236063.jpgさてさて、今夜は「八千代ふるさと親子祭花火大会」。@店長が機織り体験を楽しんでいる間に、ゆかたの着付けのお客様が20数組、30人ほどご来店。中には、町内会のお祭りに参加する盆踊りの連の着付けに出張する社員もいて、みんな大忙し。。

c0151691_2361965.jpg





実は、当店2階の一室からお隣の屋根越しに花火を見物できます。「紺屋の白袴」の私たちは、もっぱらここから。。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-08-22 23:30 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る