わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

<   2010年 12月 ( 54 )   > この月の画像一覧
おかげさまで、今年一年の業務が終了。しばらくお休みを頂戴いたします。
c0151691_18243576.jpg今年もいろいろなことがありましたが、こうして無事に大晦日を迎えることができました。皆さまに、あらためまして御礼を申し上げます。新しい年も、旧来に倍しましてご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

新年の営業は、5日(水)から。定休日の水曜ですが、この日から通常営業いたします。恒例になりました「吉例 新春初売り」は、5日(水)から7日(金)の三日間開催です。ぜひお顔をお見せください! 皆々さまにとりまして来年が飛翔の年となりますように、祈念申し上げます。
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-31 18:34 | @店長榎戸 | Comments(0)
大晦日、今日も棚卸しのため出勤しています。すると・・・
c0151691_15123931.jpg通用口の呼び鈴の音が。。お客さまです。年末のバックヤード出勤の時には、よくこうしてお客さま対応を迫られることがあります。母娘連れのお客さまでした。お嬢さまが証券会社にお勤めで、最終営業日の昨日、支店長の鶴の一声で女性社員が初出勤に着物を着用することになったのだとか。成人式の振袖は少々派手になり、今の自分にあった一枚で出社したいと、レンタルをご希望でした。

お似合いになるのはもちろんのこと、その場にふさわしい装いであることも必要条件です。支店の中でそのお嬢さまがどのようなポジションなのかも知りたい情報です。一番年下なのか、後輩社員が何人かいらっしゃるのか、、それによって選ぶ方向性も違ってくると思います。全員19か20歳で同じ式典に出席する成人式の衣装のお見立てとはまた違った難しさがあります。

幸い、何枚かお着せする内に心を開いていただき、少しずつ情報もいただけました。お嬢さまの方向性もだんだん定まってきて、ようやく一枚にたどり着くことができました。本来であればきちんとアイロンをかけて、寸法にあった長襦袢に半衿をかけてお納めするところなのですが、通常営業の終わっている今日の今日では100%のことはできません。それもご納得いただいた上でご成約。一度お帰りいただいて、お引き渡しの準備ができたところで再度ご来店いただくお約束をいたしました。

年末の営業が終了した時点での商売では、こうして難しい判断を迫られることがおります。100%のパフォーマンスをご提供できないだけに、、最終的に喜んでいただけたかどうか、ご返却の折にお尋ねしたいと思っています。
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-31 15:38 | @店長榎戸 | Comments(0)
30日。お店は連休に入りましたが@店長は・・・
c0151691_1193223.jpg・・・出勤しています。ですが、気持ちの上ではだいぶ楽になりました。これまで生け垣の植物に目をやる余裕もなかったことに気がつきました。今朝何気なく眺めると、カシワバアジサイの葉が美しく紅葉しています。何ともいえないグラデーション。自然の造形美、色彩美に感嘆するばかりです。

c0151691_1195247.jpg
c0151691_11101252.jpgブログの記事を見ても、しばらく生け垣の緑の話題がなかったですもんね。こんなところからも@店長の心お余裕のなさが、伝わってしまいそうです。木々達は、こんなにも一所懸命私たちに語りかけてくれているというのに・・・。

c0151691_11103466.jpg
c0151691_11105553.jpg実は、今日はこの荷物を受け取るために出勤した様なもの。依頼していた1月末の催し物のご案内状です。春を待ちわびる心で、あたたかみのある色を多用してデザインしてみました。お手元にお届けできるのはまだ先ですが、どうぞお楽しみに。。今日受け取る荷物があと一点。ブログを更新しながら到着を待っています。

c0151691_11111292.jpg
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-30 11:24 | @店長榎戸 | Comments(0)
午後から「初売り」の会場づくり。ようやく完了しました。
c0151691_23393264.jpg中野本店が開店75周年、千葉勝田台店が30周年と両店ともに節目を迎える2011年。それにちなんで75000円(税込78750円)と30000円(税込31500円)のふたつのコーナーをご用意します。お忙しいお正月にいらしていただいたお客さまに、来て良かったッ!と言っていただける品揃えになりました。

c0151691_23395559.jpg
c0151691_23402243.jpg毎年楽しみにしていただいている日替わり小物のコーナー、、初日の5日(水)は、黒台のウレタン草履をご用意。通常店頭で5040円で販売している商品ですが、ナント2300円で! 平成23年にちなみ、掟破りの価格で登場です。

c0151691_23404727.jpg





このお草履、当店スタッフも愛用しています。履きごごちの良さがまずはその理由。ソフトな台は小判型で安物とは一線を画しています。そこに足に優しい太めの鼻緒をすげています。水ぬれに強いのもきものファンには、うれしいところです。

c0151691_2341966.jpgまた、普段なかなかご紹介できない雨下駄をご用意してみました。お洒落な爪革と鼻緒をおすげして7500円。。こちらも通常の半額ほどのお値段です! こちらは三日間、毎日10足限りのご紹介です。 ぜひぜひ遊びにいらしてください!!

吉例 新春初売り
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-29 23:53 | @店長榎戸 | Comments(0)
昨日、手相占いをしてもらいました。@店長、鑑定の結果は・・・
c0151691_1212715.jpg右手の知能線がかくっと曲がっているのは、学求派。。自分の興味の赴くことはとことん追求。そのかわり、誰もが知っている様なことを知らない、、だそう。。あたってる様な気がします。


c0151691_12123226.jpg





子供は三人。。末っ子が一番出世するのだとか。「58歳で海外に行く」と、、気になる言葉もいただきました。「出世する三女と行くのかも」。。細かい年限で暗示がもらえるのが手相占いの特徴ですね。
c0151691_12125819.jpg実は、新年1月末の催し物の中に一年の生き方上手のヒントをもらう「開運手相鑑定」企画を予定しています。そのときお迎えする占者、鈴木枝美先生。昨日一足先にスタッフ全員を鑑ていただきました。

まだ29歳の若い占者ながら職業鑑定士歴はすでに14年。。つまり15歳の時から鑑定をしているということ。ある種の天才的な才能なのでしょうね。年始にお届けするエムズ通信の中に、予告を掲載しています。どうぞお楽しみに!
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-29 12:33 | @店長榎戸 | Comments(0)
29日。年内最終営業日を迎えました。店内では・・・
c0151691_11223199.jpg加工担当のスタッフが本日納品予定の仕立物や加工品の整理に没頭しています。悉皆屋さんや仕立屋さんから上がった品物をチェックし、たとう紙に納め検針器にかけ、営業担当ごとのストック棚に納めます。営業担当の台帳に伝票をとじるなど帳面上の作業もあり、神経を使う仕事。11月下旬から仕事量もそうとう増えていて、近づきがたい雰囲気さえあります。
c0151691_1123116.jpg決算棚卸しも相変わらず進行中。昨夜遅くに棚卸し済みの商品が棚卸しをまだしていない陳列棚に出されているミスに気がつき、凍り付いた西光さん。。今朝はすでに気分を切り替えて、黙々と作業を続けています。スゴイ精神力です。
c0151691_11233058.jpg年末のご挨拶の電話をかけたり、納品に回る営業スタッフ。。こちらも忙しそうです。

営業スタッフは、当店の前線部隊。会社の顔です。一挙手一投足がお客さまに見られていて、評価されます。厳しい仕事ですが、誰にでもできる仕事でないというやり甲斐を感じてくれています。
c0151691_112345100.jpg店頭には、お客さまも。。年末でももちろん心を込めて接客させていただいています。お客さまに忙しい雰囲気が伝わってはいけません。

厳しい社会状況の中、みんな本当によく頑張ってくれました。ありがとうございます、、来年も一緒に頑張りましょう、、そう心で願う@店長です。
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-29 12:07 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】年末年始の営業
2010年の営業は、12月29日(水)まで。
新年2011年は、1月5日(水)より営業いたします。
両日は水曜日ですが、営業いたします。
12月30日(木)~新年1月4日(火)冬季休暇のため連休いたします。

吉例 新春初売り
とき/1月5日(水)・6日(木)・7日(金)
ところ/武蔵屋勝田台店 2階「天空の間」

c0151691_21434554.jpg
       クリックすると大きな画像が開きます。
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-28 21:43 | @店長榎戸 | Comments(0)
お客さまに年越しそばをいただきました。
c0151691_15293694.jpgずっと昔からのお得意さま、Mさんから故郷の味、年越しそばをいただきました。スタッフ全員10名分、、しかも一人一人の名前が書かれています。すごいですねぇ。。よくご存知ですね。

Mさんは長野県諏訪のご出身。若かりし頃、製糸工場で働いた経験もあるというMさんは、そんな経験からかお着物が大好き。当店とも長いお付き合いをいただいています。お世話になっているのは、こちらの方と思いますが、こうしてなぜかお歳暮をいただいてしまうのです。

長野はそばどころ。茅野の渡辺製麺さんの乾麺です。大晦日の晩にいただきます、ありがとうございましたMさん!
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-28 15:37 | @店長榎戸 | Comments(0)
「柚子三つ柚子湯にせよとドアノブに」
c0151691_16431457.jpg先日お配りした柚子にご丁寧なお手紙が、しかも封書で届きました。古くからのお得さまTさんから。。私@店長は、俳句をやっていらっしゃるTさんがいつも案内状や新聞を読んでくださっていることをかなり意識していて、季語の間違いがないよう気をつけています。おかげさまで鍛えられたともいえ、感謝しているのです。たとえば、「さわやか」とか「うららか」とか、、何気なく使ってしまう言葉にも季節的に間違っていないかを「歳時記」で調べます。すべて、Tさんを意識してと言っても過言ではありません。
c0151691_16435928.jpgそのTさんから、、さすがのお手紙。差し上げた柚子から一句生まれ、それが句会の選に入ったとのこと。

「柚子三つ柚子湯にせよとドアノブに」

たぶん、武蔵屋のスタッフとお得意さまにしか分からない写生の句。何とも微笑ましい、温かな気持ちにさせてくれる一句です。毎年の「柚子配り」には約束事があります。(1)スーパー袋に柚子三つ。 (2)ピンポンしないでドアノブに。 (3)とにかく柚子湯に入ってもらう。 まぁ! まさにこの約束事がそのまま俳句になりました。いやぁ、俳句は楽しいですね! ありがとうございました、Tさん!

c0151691_16445133.jpg



「柚子湯にせよ」という押しつけがましいところが、まさに的を射ていて笑えます! 小林先生の評を聞いてみたかったなぁ。。私ならこうです・・・
ある木枯らしの吹く寒い日、外出先から戻ってみるとドアノブにスーパーのレジ袋が下がっている。中には柚子が三つと柚子湯にせよと書かれた一片のメモ。ささやかな贈答品に不釣り合いな「上から目線」の申し様。送り主は誰かと怪訝に思いながらも、まぁ好意は素直に受け取っておこうとレジ袋を手に室内へ。思えば今日は冬至。香り立つ湯船に、一年に一度の上から目線も許す気持ちになった。昔ながらの風習もまた悪くないものである。

・・・ってなかんじでしょうか、、ハハ。
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-27 17:06 | @店長榎戸 | Comments(0)
年賀エムズ通信の発送準備が、今も続いています。
c0151691_1956137.jpg通常は料金後納郵便でお送りしているのですが、年賀はやはり年賀切手でしょ、、ということで毎年くじ付きの80+3円の切手を用意しています。発行枚数が少ないので、早くからお願いしておかなければ買えません。が、ありがたいことに毎年のことなのでシーズンになると郵便局の方がお声をかけてくれます。それで買いそびれることがないのです。

透明封筒に切手を直接貼ると配達途中にはがれてしまうため、切手をいったんタックシールに貼り、それを裁断して封筒に添付しています。二重に手間のいる作業ですが、雑貨の上野さんや事務の西光さん、営業スタッフのも若手メンバーが、黙々とこなしてくれています。感謝、感謝です。
[PR]
by m_katsutadai | 2010-12-26 20:01 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る