わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
【観覧レポート】特別展「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」
c0151691_23045089.jpg東京国立近代美術館で開催中の特別展「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」に行ってきました。東葉高速線「勝田台駅」から東京国立近代美術館の最寄駅、地下鉄東西線「竹橋駅」までは乗り換えなしの一本で結ばれています。勝田台駅からは、先頭車両にお乗りください。
c0151691_23021697.jpg竹橋駅の1b北の丸公園方面出口から地上に出れば、美術館は目の前です。
c0151691_23024588.jpg特別展「樂家〜」は、千利休に愛された初代長次郎から当代、十五代樂吉左衞門までの作陶の系譜を縦断的に拝見できる大規模な展覧会です。弟子をとらず、その子のみに受け継がれてきた樂家の技。各当主が受け継ぎ、そして革新を繰り返してきた樂茶碗の宇宙を旅することができます。
c0151691_23032709.jpgチケットを買ったあと、美術館前庭に開かれている「一保堂」さんの茶店で一服。抹茶とお菓子で600円。ちゃんと茶筅で点ててくださった薄茶をいただくことができます。電車での移動の疲れをリセットしてから入館。
c0151691_14363544.jpg会場は、初代から当代まで順を追って展示されていて、イヤホンガイドを聞きながらゆっくり拝見して、所要時間は1時間半ほど。ウィークデーの今日は、比較的すいていて、間近でゆっくりと茶碗など展示物を拝見することができました。

イヤホンガイドの声は、中谷美紀さん。柔らかい語り口で樂家の世界に導いてくれます。また、要所要所に当代吉左衞門自身の解説も織り込まれていて、優れたイヤホンガイドでした。ぜひ、お借りになることをお勧めいたします。

展示の最終部分には、当代吉左衞門の作品が森の木立のように陳列されていて、東京芸大彫刻科卒の氏らしく造形作品としても見応えたっぷり。想像の翼を広げさせてくれました。とても良い展示です。お勧めいたします。

できればお着物でお出かけください。東葉高速線勝田台駅・乗車には、武蔵屋の駐車場を遠慮なくご利用ください。
[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-29 23:08 | @店長榎戸 | Comments(0)
「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」へ
c0151691_14315059.jpg定休日。ゆっくりと起き出して、これから東京・竹橋まで出かけます。東京国立近代美術館で開催中の話題の展示「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」を拝見してきます。普段、店頭でお得意様にもキモノで出かけることをお勧めしている展覧会ですから、今日は私も和装。しっかりレポートできるように訪問してきます。東葉高速線「東葉勝田台駅」から地下鉄東西線「竹橋駅」まで乗り換えなし。一本で行けるのでキモノでも樂ならぬ、楽です。行ってきます!

「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」

[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-29 14:34 | @店長榎戸 | Comments(0)
歌舞伎座「猿若祭二月大歌舞伎」の舞台が放映されます
c0151691_16312531.jpg中村勘九郎丈の息子ふたりの初舞台で話題になった歌舞伎座「猿若祭二月大歌舞伎」が放映されます。ぜひ、ご覧ください!

4月7日(金)23:00~23:55
4月10日(月)12:00~12:55(再)

にっぽんの芸能
受け継がれる中村屋の芸「門出二人桃太郎」
放送局:NHK Eテレ

演目:『門出二人桃太郎』
出演:中村勘九郎 中村勘太郎 中村長三郎 中村七之助 ほか
c0151691_11105667.jpg
[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-27 16:39 | @店長榎戸 | Comments(0)
加藤洋平先生、今日までの滞在です。
c0151691_12262952.jpg加藤洋平先生、今日までの滞在です。ご来場、心からお待ちしております!

きものに目覚める・・・カウントダウン・バーゲン!c0151691_12264796.jpgc0151691_12270838.jpg
[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-27 12:31 | @店長榎戸 | Comments(0)
ご存知ですか、「レクサス・ニュー・匠・プロジェクト」
c0151691_11060283.jpg今日3/26の千葉日報に、自動車販社・レクサスの広告記事が一面で掲載されています。「レクサス・ニュー・匠・プロジェクト」と銘打っておこなわれた全国の伝統工芸作家たちのコンペティション。その中から厳しい審査を経て選ばれた各都道府県の作家たちの活動の様子が、紙面で紹介されています。千葉県で栄冠を勝ち取ったのが、漁船などに掲げられる萬祝(まゆわい)を染める作家、鈴木理規さん。小山薫堂氏や隈研吾氏などそうそうたる審査員の目で選ばれた鈴木さんの新たなモノづくり、萬祝染めを施したバッグの製作が紹介されています。新聞「千葉日報」は、コンビニでもお求めいただけます。また、各都道府県で選ばれた作家たちのチャレンジが、地域地域の新聞で紹介されています。ぜひ、お住まいの地域の新聞で探してください! ちなみに京都から選ばれたのが、友禅作家・加藤洋平先生。明日まで当店に滞在されています。

「レクサス・ニュー・匠・プロジェクト」
c0151691_11120887.jpg
「カウントダウン・バーゲン!」
3月27日(月)までの開催です。
[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-26 11:10 | @店長榎戸 | Comments(0)
催し物二日目・・・
c0151691_17503600.jpg・・・昼を回ってご来客数も多くなって来ました。ありがたいことです。

「カウントダウン・バーゲン」
27日(月)までの開催です。
[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-25 17:53 | @店長榎戸 | Comments(0)
昨日ご来店の小さな小さなお客様。
c0151691_10050369.jpg昨日ご来店いただいた、小さな小さなお客様。春を運んで来てくださいました。今日は催し物二日目、今日もたくさんのお客様の笑顔が拝見できますよう、願っております。ご来店、お待ち申し上げております。

「カウントダウン・バーゲン!」
27日(月)までの開催です。
[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-25 10:06 | @店長榎戸 | Comments(0)
カウントダウン・バーゲン!」、初日の朝を迎えました。
c0151691_10401840.jpg「酉年に仕込むと三年後、美味しい酒になるという「いわれ」から、今回のおもてなしには、「三年仕込んだ」逸品をご用意いたしました。まずは、熱海ブランドとしてすっかり定着した「七尾たくあん 浅次郎漬」。塩と糠だけで三年寝かせたたくあんは、甘いたくあんに物足りなさを感じている方にはうってつけです。
c0151691_10402912.jpgそして、鹿児島県福山町から三年かめ壷で熟成させた黒酢「桷志田(かくいだ)」。黒酢の健康パワーは、皆さんよくご存知だと思いますが、半年から一年の醸造期間のものが実際は多いのです。三年醸造の力をどうぞお召し上がりください!

お口直しに、京都の金平糖の専門店「緑寿庵清水」の今の季節の金平糖、桜と緑衣黄桜の2種を日替わりでご用意します。おもてなしもどうぞお楽しみに!
[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-24 10:41 | @店長榎戸 | Comments(0)
明日から始まる「カウントダウン・バーゲン!」。
c0151691_16531378.jpg今日は、午前中から商品の搬入と会場設営が行われています。京都からお越しいただく染色家・加藤洋平先生もすでに到着され、先生のコーナーも陳列が進んでいます。

今回は、月々ゆっくりのお支払い提案のコーナーもあり、見逃せない催事です。どうぞお繰り合わせの上、ご来場くださいませ!
c0151691_16532930.jpg
c0151691_16534102.jpg
くわしくは下のリンクからご覧ください。

「東京オリンピックまで1200日! カウントダウン・バーゲン」
c0151691_16535299.jpg

[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-23 16:56 | @店長榎戸 | Comments(0)
いよいよ今週末、金曜日から
c0151691_17373446.jpgいよいよ今週末、24日(金)からスタートです。「東京オリンピックまで1200日! カウントダウン・バーゲン」、ご来場、心からお待ちしております。

くわしくは下のリンクからご覧ください。

「東京オリンピックまで1200日! カウントダウン・バーゲン」
[PR]
by m_katsutadai | 2017-03-22 17:40 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る