わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

COLDPLAY 『VIVA LA VIDA』
c0151691_7415526.jpg 先月発売されたコールドプレイの新作を聴きました。
毎回メロディと、聴くと心が解放される音がとても好きなバンドです。今作は好きな曲を一曲ごとダウンロードするというよりはアルバム全部を聴かなくちゃ味わえない魅力のある新作です。
 ダウンロード全盛になりつつある時代にこういうコンセプトのアルバムってなかなか聴けないです。プロデューサーにはブライアン・イーノが加わっています。U2のプロデュースやWindows95の起動音を作曲したり,1970年代にはロキシー・ミュージックの一員としても活躍していた音楽家です。
キラキラした曲、しっとり少し悲しい曲、心が浮き立つ曲。皆さんもぜひ聴いてみて下さい。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-07-01 07:51 | 丁稚 | Comments(5)
イベント ラインナップ(携帯の方は「以前の記事」をどうぞ)
c0151691_1941613.jpgc0151691_2215068.gifc0151691_1447463.jpg
ゆかたソーイング   小さな小さな旅  日本画家 佐々木経二展
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-30 23:59 | @店長榎戸 | Comments(2)
クロックスのサンダル
c0151691_82446100.jpg おととい、頼んでおいたクロックスのサンダルが届きました。
興味がでたのは妻の出産のために病院に行っている時でした。今は医療現場やリハビリの患者さん、スポーツからアウトドアまで幅広く使われているみたいです。シンプルで清潔、かつ機能的でかわいいサンダル。雨の日も夏の暑い日も大活躍しそうです。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-29 08:32 | 丁稚 | Comments(0)
美術補整という魔法
 シミ抜きや丸洗い、洗い張りで汚れが落ちきれないキモノを再生させる最終的な手段として「美術補整」という技術があります。タンスの中で長期間眠らせていてカビや黄変が発生し、それがかなり古い場合などにはお客様のご了承のもとに美術補整の仕事に進みます。たまたま、似たような付下げの美術補整をさせていただきました。両方とも、お客様の使用条件に合わせてキモノを蘇らせることができましたので、事例報告を。

c0151691_21411100.jpgc0151691_21411445.jpg お客様が若い頃にお召しになっていた付下げキモノ。お気に入りのキモノには、着用汚れのシミと、柄を構成する刺繍糸の変色。袵(おくみ)線に沿った変色とかなりの問題が発生。

 お客様のご要望は、娘に譲りたいので地味にならないようにしたい、そして、色柄が気に入っているので全体の雰囲気を損なわないで欲しいとのこと。
c0151691_21414095.jpgc0151691_21415831.jpg そこで、四つ菱の地模様に合わせて描かれた文様の雰囲気を損なわないよう、シミを隠すための柄足しをすることに。使用するのは顔料のため、キモノを解くことなしに進められます。ただ、シミが多所にわたるため、それを全部柄足しで隠そうとすると、全体のバランスを崩してしまいます。多少のシミは残す方向でお客様にもご了解を得ました。
 写真左が補整前、右が補整後。おかげさまで、お客様のご要望に添って全体の雰囲気を損なわずに、お嬢さまにお譲りできるキモノに直すことができました。

c0151691_22185027.jpgc0151691_22125655.jpg 2例目は、反物。お祖母様のタンスを整理したら出てきたのだそう。長期間の保存中に大量のカビが発生していて、シミ抜きではとても対処できない状態でした。きっとお孫さんに着せるために買っていたのでしょう。そのお気持ちに応えるため、何とか仕立てて着たいとのことでした。もともと淡いピンクの付下げでしたが、30歳代になっているお客様ですので、多少地味になっても着用可能です。

c0151691_2147036.jpgc0151691_21471497.jpg そこで選択したのが、たたき加工。蝋たたきによる染色技法で、シミが目立たなくなるのです。柄部分のシミは、顔料で補整をすることに。
c0151691_22131419.jpgc0151691_22132362.jpg 写真左が補整前。右が補整後です。こちらの方も、ひどかったシミが全くわからないようになり、信じられないほど美しく蘇りました。しかも、ピンクの付下げがお客様の現在の年齢にちょうど良いキモノになり、一挙両得。まさに、美術補整という名の魔法です。
 もちろん、「美術補整」は大手術。最終的な手段です。シミ抜きや丸洗い、洗い張りでは対処できない場合に、お客様の了解のもとにおこなっております。金額的にもシミ抜きとは比較になりません。そのキモノに対するお客様の思い入れの深さで、ご予算も決まります。まずは、治療方法を決め、お見積もりをお出しし、進行となります。皆さまも、タンスの中に思い出深いキモノを眠らせていませんか? どうぞ、ご相談ください。

※写真は、ふたりのお客様に許可をいただいて掲載しております。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-28 21:39 | @店長榎戸 | Comments(0)
マクラーレン
c0151691_7192425.jpg 4月に娘が生まれてもうすぐ三ヶ月になります。
首も少ししっかりしてきたのでベビーカー・デビューです。数ヶ月前から眠っていたマクラーレンがいよいよ登場です。
 これからは行動範囲も広くなるので、早くいろいろなところへ出掛けて行きたいです。まずは近場の公園ですね。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-28 07:28 | 丁稚 | Comments(2)
アントン・チェーホフ、、高尚でしょ。。
昨夜は、赤坂ACTシアターへ。今年3月にオープンしたばかりの真新しい劇場です。

c0151691_2027474.jpgc0151691_20281074.jpg
演目は、アントン・チェーホフの、、そう、ロシア文学の、、そうそう、四大戯曲のひとつの・・・「かもめ」。。なんていうとすごく真面目で、演劇好きで、もしくは純文学趣味なのって感じですが、動機はいたって不純。。出演する美女、、「美波」が目当てです。

c0151691_20284241.jpg当店も参加する振袖の共同制作グループ「京都むらさきの」では、彼女をパンフレットのモデル、イメージキャラクターとして起用しているのです。契約も既に3年目。当時、資生堂のマジョリカマジョルカのCMやファッション誌のモデルとして活躍していたものの、ビジュアルが先行する存在。3年後の今の活躍を想像すらできませんでした。

昨夜の舞台では、劇団四季出身の鹿賀丈史や宝塚のトップスターだった麻美れいや、、蜷川演劇がデビューという若手の逸材・藤原竜也(我が家の娘たちの間では大河・新撰組!の沖田総司で人気)などと互角、またはそれ以上に存在感ある演技を見せてくれていました。

c0151691_2353139.jpg美波のお役は、舞台を、女優を、名声を夢見る少女の純粋を演じる前半と、、挫折で傷ついた姿の四幕目を演じ分けなければいけない「ニーナ」。大切な大切な役どころ。なかなかの好演でした。。きっと、この役でかなりの評価を得ることでしょうね。存在感の増す、美波。。水曜日の「真珠の女」と、二日続けての美女との対面でした。。

美波の公式hp/museum minami
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-27 20:36 | @店長榎戸 | Comments(0)
日本画家 佐々木経二との出逢い展
c0151691_13254895.jpgc0151691_1327421.jpg今週末、28日から3日間の開催です。当店での個展は今回で5回目になり、すでに熱烈なファンも。。

日本画を志す方の多くが、画家として食べられない時代に染色のお仕事をされます。画家として一本立ちできると染色の世界から足を洗う(汗)。。でも佐々木先生の場合は、一人でも多くの方に日本画を知ってもらいたいという願いから、美術サロンでの絵画展の他に染色作品の制作と呉服屋さんでの個展の開催を続けていらっしゃるのです。

その「日本画を知ってもらう」という目的のため、ご来場者の目の前で色紙に絵を描いてくださいます、それはそれは丁寧に。。今回は、この佐々木先生の直筆ミニ色紙に色紙掛けをお付けして、、当店の移転6周年記念品として進呈いたします。どうぞ、先生の絵筆の技をご覧になりにご来場くださいませ!

「日本画家 佐々木経二との出逢い展」
 とき/6月28日(土)~30日(月)の3日間
 ところ/武蔵屋勝田台店
 佐々木経二、染色作品と絵画作品をご覧いただきます。


【佐々木経二プロフィール】
1947年京都生まれ 武藤彰氏に師事 京都日本画家協会会員 光玄会代表
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-26 13:51 | @店長榎戸 | Comments(0)
ぼくも、行ってきました
c0151691_835255.jpg 今週は中野でのお仕事もあって、新宿で『インディ・ジョーンズ』を観に行ってきました。最近は子供が生まれたこともありなかなか時間がないので映画に行くのは結構久しぶりです。
 内容は、考古学的なにおいはあまりなく、CGも使ったちょっと肩透かしなものでしたが、あまり野暮なこと、無粋なことは言えませんね。懐かしさと、久しぶりにジョーンズ博士と会えたことを喜びました。
 観たい映画はたくさんありますが、
次は『崖の上のポニョ』か!?
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-26 08:48 | 丁稚 | Comments(0)
井上雄彦 最後のマンガ展に行ってきました、、が・・・
c0151691_20412818.jpgすでにチケット売り場に数百人の行列。。そして、さらに美術館入り口には入館を待つ行列が。。この後の予定もあり、「最後の~」は、断念。。踵(きびす)を返して「国立西洋美術館」へ。同館では、19世紀フランスの画家カミーユ・コローの「コロー 光と追憶の変奏曲」展を開催中。ルーブル美術館のコレクションを中心に公開されています。

c0151691_2042172.jpg




劇画よりやっぱり美女だよね、、と気持ちの切り替えが早い! 美女とはもちろん「19世紀のモナリザ」「コローのモナリザ」とよばれる代表作「真珠の女」。生気にあふれたその表情や肉感に、しばし癒されてきました。

ぜいたくを言えば、もう少し陳列や解説に工夫がほしかったかなぁ。8月31日までの会期で、これから夏休みの家族連れも大勢訪れるのでしょう。構図を図解するとか、スケッチと作品を並べて創作の道程がわかるようにするとか、、最近ほかの特別展に見られるような、鑑賞を深めるような工夫があってもよかったように感じました。生意気ですねぇ(汗、汗、)。

夏休みには、お隣の「東京国立博物館」で「対決―巨匠たちの日本美術」展が開催されます。教科書にも掲載される有名な作品を、ライバル作品と比較対照できるように陳列する「対決~」。「コロー 光と~」との対決の軍配は、どちらに上がるのでしょうか!?

ちなみに、武蔵屋さんはこっちに行きます!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-26 00:07 | @店長榎戸 | Comments(2)
最近は…(-_-;)
c0151691_1612015.jpg土に触るという感触が癒しになるとよく言われていますが。昨日と今日で農業体験に行った娘が非常にいきいきとしていてなるほどと思いました。お世話になった農家の方が良いかたという事も大きいのですが。竹刈り、梅らっきょう漬けと楽しそうで私も行きたい!その上お昼は調理師免許のあるお母さんが珍しい料理を)^o^( いいなぁを娘に連発していたら授業で行ってるんだからねとしらーっとされました(ToT) 最近はたしなめられる母です。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-25 16:12 | 上野美樹 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る