わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

市川男女蔵さん!
c0151691_1744420.jpg41歳となり脇を固める役回りになっている男女蔵(おめぞう)さん。今月の新橋演舞場・花形歌舞伎でも重要な役所で登場です。伽羅仙台萩では序幕の「花水橋の場」で、くせ者諸士を蹴散らし主君を守る、おかかえ力士の絹川谷蔵。そして終盤の四幕目では、実悪・仁木弾正の悪事を暴き幼君の跡目相続の御墨付きを得る渡辺外記左衛門を、それぞれ演じます。とくに渡辺外記左衛門は、仁木との壮絶な戦いを演じ、最後には息の根を止める大事な役所。

一足早く5日の水曜日に拝見してきましたが、役の性格をよく表現されていて素晴らしい仕事ぶりでした。特に声は、お父様の左團次さんにそっくり。。お祖父様は、人間国宝だった先代の左團次。名門の家に生まれたプレッシャーを見事にはねのけて、いずれは左團次を襲名するであろう力を着々と身につけていらっしゃるようにお見受けしました。

市川男女蔵さんは、昨年の「新春浅草歌舞伎」にお客様とうかがったあと、わざわざ私たちの食事の席をお訪ねくださいました。とても腰が低く、まったく普通の礼儀正しい青年といった印象が残っています。歌舞伎俳優とはいっても、人気商売。客商売であることは、私たちとそう変わらないんだなぁと、思ったものです。男女蔵さんの活躍にもご注目ください! 小さな小さな旅まであと2日です!!

あッ、写真右が男女蔵さん、、左、46歳の@店長はもちろんとっくに花形卒業です(汗、汗、)。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-11-07 18:11 | @店長榎戸 | Comments(0)
9日の小さな小さな旅まで・・・
c0151691_1223263.jpg・・・あと3日となりました。ぎりぎりまで待って、劇場の座席を割り振ります。今回は、4日の火曜日におこないました。キャンセルが出ると大幅に変更を余儀なくされるため、ギリギリになってからの仕事になるのです。

チイ旅企画の募集チラシには、こう書かれています。「お座席は会費のご入金順とさせていただきます。並んだ席を希望されるご友人様やお連れ様とは、ご一緒のご入金をお願いいたします」。書いてはいるのでが、なかなかそのようにはしていただけません。3人づれ、4人づれのお客様なのに入金の日にちはバラバラ。私としては、だいたい中間をとって順序を決めさせていただくわけです。

さらに、お一人で参加のお客様同士、できるだけ同じ営業担当者のお客様を並んだお席に配置します。行きのバスの中で、隣のお席になるお二人に紹介し、、一日限りの旅の道連れになっていただくのです。

c0151691_12372054.jpgほかにも、男性やご高齢のお客様、お背の高いお客様などをできるだけ通路よりの端のお席にするなどの配慮も。すでに劇場から割り振られている席に、これらの条件をぴったりとあてはめてお席を割り振っていくのは、なかなかの頭脳労働。。表計算ソフトにお友達関係や年齢、担当者、会費の入金日などを入れた基礎資料をもとに、何回もやり直しながら席を割り振っていくのです。今回は、お客様85名、スタッフが6名の91名と、、大変な人数になりました。

c0151691_12303828.jpg表計算のシートに座席を入力して完成。この表をプリントアウトし、一行一行切り取って、チケットのケースに添付します。この作業は、さらにぎりぎりまで待ちます。で、今日、6日木曜日の夜にこの作業を済ませました。案の定、日中、キャンセルのお客様が。お連れ様が代わりに参加してくださるお友達を探してくださり、参加者のお名前が変わっただけで済みましたが、チケットへのお名前の添付をせずにいて、助かりました。

表計算ソフトは何かと便利で、旅行会社やバス会社には、乗車バス順に並び変えたものを渡しますし、旅行傷害保険加入のために保険会社には、担当者順の資料を。営業担当者には、この2種類に加えて劇場座席順に並べ替えたものも持たせます。

ともかく、すべては快適な一日をお過ごしいただくため。楽しい旅の思い出を作っていただくためです。さて、明日からは車中での演目解説の内容を具体的に詰めていきたいと思っています。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-11-06 23:05 | @店長榎戸 | Comments(0)
新橋演舞場へ!
c0151691_1419660.jpg「喜望展 第一弾」を終え次の日曜日は、小さな小さな旅企画。ってなことで定休日の今日、一足早く歌舞伎公演を拝見しに新橋演舞場へ。

演舞場の団体営業担当者に今日のチケットをお願いしたところ、気を利かせて二席用意してくださいました。さてさて困りました。せっかく用意してくださった席。私だけで行って無駄にするわけにもいきません。フルタイム勤務の我が家の奥様にはにべもなく断られ、短大生の次女はバイトでダメ。

そこで、ダメ元、、中野の母に電話。意外にも出不精の母が付き合ってくれることに。思いがけず、母と息子で観る、、『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』となりました。話の前半は、幼少の主君を自らの息子を犠牲にして守る乳母「政岡」が主人公。その場面では、隣に座るわが母も涙しておりました。
c0151691_1420332.jpg「政岡」を演じるのは、尾上菊之助。名優、菊五郎の長男。母も姉も女優というまさに演劇の申し子。まだ31歳という若さの菊之助が、わが子の死にも微動だにしない烈女と、一人になり感情を爆発させるというこの起伏の激しい役をどう演じるかが、この舞台最大の見所だったわけですが・・・。

いやはや、素晴らしい貫禄の政岡でした。31歳という若さをみじんも感じさせない菊之助に客席からは惜しみない拍手が贈られていました。歌舞伎座でしたら「音羽屋ッ!」の大向こうが飛ぶのでしょうが、ここは新橋演舞場。シャイなお客様の温かな拍手でした。

舞台後半の悪役、仁木弾正の市川海老蔵も切れ味鋭い演技と、お得意のにらみで客席を沸かせていました。今回の先代萩は「通し狂言」と呼ばれる始めから終りまでのストーリーを通して上演するもの。ですから上演時間も長い。。先代萩の中だけで、2回の休憩が挟まります。さらに最後の所作事(舞踊)の「龍虎」との間に三回目の休憩。しめて5時間の上演時間です。たっぷりと拝見した、、どっぷりと歌舞伎の世界に浸った、、そんな今日の舞台でした。着々と力をつけられた花形役者の皆さん、85名に膨れ上がったお客様にも喜んでいただけそうです。

c0151691_14285637.jpgそうそう、つい先日発売され話題になっている『LOUIS VUITTON CITY GUIDE TOKYO』の中にも「新橋演舞場」が紹介されています。紹介文を転記させていただきます。

1920年代に芸者の技芸向上を披露する場として創設され、東京大空襲で焼失したが、復興し、後に株式会社松竹系の主要劇場として歌舞伎、新派、新喜劇などあらゆる舞台を上演。
今ではジャニーズ公演もありますから、まさに「あらゆる」興業にその場を提供しているわけ、、ですね。。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-11-05 23:31 | @店長榎戸 | Comments(0)
喜望展~開催中
c0151691_8152030.jpgc0151691_13265159.jpg
c0151691_1327167.jpg昨日から開催中の『喜望展~松煙墨染め~』。
 店長が修行先から武蔵屋に戻って20年。お客様に支えられ過ごした日々に感謝をこめてお送りします。
今回、松煙墨で駒塩瀬の白生地に一点一点手描きした世界に1つだけの名古屋帯をお手頃な値段でご用意してます。この駒塩瀬はシワがつきやすい従来の塩瀬より地厚で重さも100gほどあるもの。しっかりとした締め心地が特長です。
小紋にも紬にも合わせやすい地色と優しい柄です。そのほかに半額コーナーも豊富に揃えております。掘り出し物なども見つけにいらしてください。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-11-01 08:26 | 丁稚 | Comments(0)
いい天気~♪
c0151691_21502755.jpg 昨日今日と素敵な陽気が続いていますね。
最近は催事 間近とあって外回りの日々です。
でもこんな天気の日はちょっとしたドライブ気分で車を走らせます。
少し走れば、車窓に広がる田園風景。
和みます。
すごく気持ちいい。

こんなノンビリしたブログを書き続けてもうすぐ一周年。
これからもノンビリと頑張りまっす!!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-28 22:24 | 丁稚 | Comments(2)
ブログ開設一周年記念日まで・・・
・・・あと24日となりました。ホントに早い! 時の過ぎるスピードの速さに、、驚かされるばかり。。何かお祝い企画でもやりますかねぇ、、丁稚くん!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-28 19:24 | @店長榎戸 | Comments(0)
歌舞伎のチラシ
c0151691_20154678.jpg歌舞伎公演のチラシは、仮チラシと役者さんが衣装を着た本チラシがあります。ご存知のとおりお稽古期間が非常に短い歌舞伎では、本チラシがぎりぎりにならないと上がってきません。中には、公演が始まってから・・・なんてこともあり、何のためにチラシを作っているのか不思議に感じることも。

さて、11月にチイ旅企画で拝見する「花形歌舞伎」も、いまだに仮チラシのまま。それでも、現在は仮チラシの第二弾になっていて、花形だけでなく共演者のお名前も紹介された内容に代わっています。

今までに拝見した舞台で見知った方々も出演していますよ。昨年1月の浅草公会堂「新春花形歌舞伎」の市川男女蔵さん、「義経千本桜」で弁慶をお勤めでした。舞台がはねてから私たちの食事場所にわざわざお越しくださり、一時の歓談を持ちました。今回の舞台では、「伽羅先代萩」で二役、前半の「絹川谷蔵」と後半「渡辺外記左衛門」を演じます。大切なお役です。

今年3月に国立劇場で拝見した「歌舞伎鑑賞教室」。冒頭部分の歌舞伎のレクチャーで上手にお話をされていた澤村宗之助さんも今回の舞台に立ちます。「対決・刃傷の場」の「山中鹿之助」役で、男女蔵さんの「渡辺外記左衛門」と一緒に登場。このおふたりの活躍も見逃せませんね。

歌舞伎を好きになる近道は、贔屓の役者さんを作ることだと言います。そりゃ、入れあげちゃっても困りますけど・・・。脇に出てくる役者さんにも注目して観てみてはいかがでしょうか。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-27 12:15 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】喜望展
c0151691_15221255.jpgc0151691_1522259.jpg

c0151691_16242849.jpg私、店長が修業先から武蔵屋に戻り、今年でちょうど20年を迎えました。
これまでのご愛顧に感謝する催し「喜望展」を開催いたします。

【店長 榎戸秀典 武蔵屋回帰20年 喜望展】
   第一弾/10月31日(金)~11月3日(月祝)
   第二弾/11月14日(金)~17日(月)



私が、武蔵屋に戻ったのは、平成元年4月。初めて消費税(当時3%)が導入された時期と重なります。翌年暮れには、バブルが崩壊。平成3年からの11年ほどが、今では「失われた10年」と呼ばれています。確かに大変でしたが、優しいお客様に恵まれて、苦しくも楽しい時代でした。お客様ときものを着て出かけるようになったのもこのころ。「行きにくいから会費を取ってよ」とおっしゃるお客様の声で、会費制となり「小さな小さな旅企画」が生まれました。もし会費制でなかったら、こんなに長く続かなかったでしょうね。やがて、募集には、店からの広報紙「エムズ通信」を使うようになり、多くのお客様に公平にお知らせする方法へと。

11月9日(日)には、その小さな小さな旅企画で「新橋演舞場 花形歌舞伎」を訪ねます。歌舞伎ブームや出演者の人気にも助けられ、現在83名の方がエントリー。最近の景気後退で、本業の方は鳴かず飛ばずですが、今までどおりお客様に奉仕する姿勢で航海していこうと思っております。

その決意の催しでもある「喜望展」。皆さまのご来場を心からお待ち申し上げております。ご案内状をご希望の方は、こちらからお申し込みください。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-26 10:21 | @店長榎戸 | Comments(0)
iPodのお供
c0151691_8264429.jpg 新しいイヤホンを買いました。
ゼンハイザーというドイツの音響機器メーカーのものです。
イヤホンやヘッドホンが有名で、「プロフェッショナルな用途にも使われている」そうです。
これは「sport line」というカテゴリーもので僕が使うにはぴったりだと思って購入しました。
首の後ろにネックを回す構造なのでちょっとはずして首にかけたりできるのが便利です。
以前はカナル型(耳栓型)を使っていたのですが、ノイズが入るようになり探していたらちょうどいいものが。色目もかっこいいし、iPodにもぴったり。周りの音も聞こえるから安全です。
歩いて走って、自転車で大活躍です。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-25 08:32 | 丁稚 | Comments(0)
雨でひと休み。
c0151691_191942.jpg生け垣が元気に伸びすぎて、、散髪を始めています。事務のNさんと、雑貨担当のUさんなど、バックヤードのメンバーがおもにやってくれています。切るだけでなく、ゴミ収集に出せるようにまとめなくてはなりません。大変な作業、感謝感謝です。昨日今日は、久しぶりの雨に作業は中断、雨のひと休みです。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-24 10:15 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る