わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

創業670年。
c0151691_1933659.jpg昨日、帰りのカーラジオでかかっていた番組に、日本各地の特産品を「サムライ日本」という共通商標でブランディングしている安藤竜二さんという方が出演していました。J-WAVEの「WILL FOR TOMORROW」という番組。いつも聴いているわけではなく、NHK-AMがおもしろくないと社会派のJ-WAVEにチューニングしただけ。安藤竜二というお名前も初耳でした。
岡崎で創業600年の八丁味噌をブランディングしていると。フランスやアメリカのニューヨークからバイヤーがわざわざここの味噌を買い付けに来るのだそうです。岡崎のここの蔵だからこそ出る味があり、工場さえ建てればどこででも生産できる工業製品にはない価値観が存在するのだと、番組中で語っていました。ナンバーワン企業を目指して世界進出する大きな会社もあるが、オンリーワンでいいんじゃないか、、とも。そうは言ってもオンリーワンだって難しい、、聴くなりそう思った私@店長ですが、考えてみれば当店の取扱商品の中にはけっこうそんなものがあります、あります。その土地のその職人でしか作りえないもの。そこでしか求めることのできないもの。。ずいぶんとそんなものを紹介してきたつもりです。

19日からご紹介する江戸小紋は、伊勢型紙彫り師・六谷泰英氏の型紙で小林染芸・小林義一氏が染めたもの。最高の型彫り師が出逢った最高の染め師。技と技のぶつかり合いをご覧いただきたいと思っています。。この道50年を越えた東京手描友禅の巨匠、真渕貴昭氏も丁寧に心をこめた作品制作でファンの心を魅了しています。工房内で自己完結している作品だけに、、こちらもこの機会でしか求めることのできないものです。

ちなみに安藤竜二氏がブランディングに協力している八丁味噌メーカーは、岡崎の「まるや八丁味噌」。創業670年。おみそ汁をいただいてみたくなりました。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-06-08 19:57 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< 店頭にゆかたの看板、設置しました。 紫陽花をいただきました。 >>

ページの先頭へ戻る