わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

想いをつなぐ鉛筆削り「TSUNAGO」は、決して便利な道具ではありません。
c0151691_22371964.jpg握れないほどに、鉛筆削りで先を研げないほどにちびた鉛筆は捨ててしまって、新しい物を削った方がよっぽど便利。でも、便利であること、安価であることのすべてに警鐘が鳴らされているのが、3.11を経験した今の私たちなのではないでしょうか。「TSUNAGO」では、ちびた2本の鉛筆に凹部と凸部を成形し、1本の鉛筆としてつなぎ合わせることができます。でも「簡単に」ではありません。特に凹部を彫るには20分ほど必要で、手も痛くなります。小さなお子さんには無理でしょう。電動ではありません。すべて手作業。でもその不便さ、大変さを乗り越えた末に、日本人が大切にしてきた「もったいない」の心を、実は成形することができるのではないでしょうか。どうぞ、凹部はお父さんお母さんが、凸部をお子さんがそれぞれ削り出し、1本の鉛筆につないでください。きっとその作業の中で、親から子へ「もったいない精神」がつながっていくことでしょう。もう一度申し上げます。「TSUNAGO」は便利な道具ではありません。同じように、私どもが商う「きもの」も便利な衣装ではありません。便利であること、安価であることを疑い始めている今だからこそ、見つめ直してほしい価値があるのです。

武藏屋創業80周年記念 大沖縄展
[PR]
by m_katsutadai | 2015-06-12 22:39 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< エムズ通信の号外を作ってます 【催事情報】小さな小さな旅のご... >>

ページの先頭へ戻る