わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

【催事情報】念珠相談会・奄美大島 興紬工房展・きものお直し相談会 10/5~
c0151691_12200002.jpg「京念珠・何でも出張相談会」
とき/10月5日より3日間

「本場奄美大島紬・興紬工房展」
「奄美・鹿児島 物産展」
「きものお直し相談会」
とき/10月5日より4日間

企画により開催日が異なりますので、ご注意ください。


「京念珠・何でも出張相談会」
とき/10月5日より3日間

【ご相談時間】
□10:15~
□11:30~
□ 1:15~
□ 2:30~
□ 4:30~
※念珠は、宗門宗派によって作法が異なります。そのためご相談は、ひとつのコマにひと組までとさせていただきます。ご了承ください。
[ご予約]
県内0120-91-6348
県外043-463-6348
c0151691_12200014.jpg菩提寺はどこですか? ご宗旨は? と、聞かれてすぐに答えられる方が少なくなりました。この機会にぜひお調べになってください。お寺の所在地と寺号(なまえ)だけでもわかれば、ご宗旨はお調べいたします。その上で、正式な念珠のご提案と作法をお伝えいたします。仏事の心得が習得できるチャンスです。

宝石商の念珠ですとサンゴ製品が中心で価格も高くなりますが、念珠専門店の催しですので、知識も豊富で価格的にもお求めになりやすくなっています。

京念珠・たなか堂 田中 俊之氏、期間中来場。念珠には「除災招福」の力があり、身に付けることで魔除け・厄除けの御守りになるといわれています。弘法大師が中国から持ち帰ったのが始まりといわれる日本の念珠。田中俊之氏は、その正しい作法を全国各地で伝え広めている京都の念珠専門店「たなか堂」の後継者です。
c0151691_12200091.jpg「本場奄美大島紬・興紬工房展」
とき/10月5日より4日間

興紬工房の変わらぬ信念は、「本物は時代(とき)を超えて」。代表・興辰雄の職人としてのこだわりと、その妻・興ほずみの女性の視点から作品創りに取り組んでいます。

鹿児島の南南西350㎞に位置する奄美大島は、美しい景観や固有の生物がつくる独特な生態系、そして自然とともに暮らす中で生まれた祈りや島唄に代表される文化に恵まれた奇跡の島。そんな島の人々の生活を支えてきたのが、伝統的工芸品「本場奄美大島紬」なのです。

数十工程に及ぶ手仕事により生産される大島紬は、琉球王朝時代、薩摩支配下時代、そして、明治維新から現代に至るまで、島の人々の研鑚と努力の積み重ねを経て、世界に類を見ない緻密で美しい織物として進化し続けてきました。
◆興辰博氏、期間中来場。
c0151691_12293010.jpg「奄美・鹿児島 物産展」
とき/10月5日より4日間
NHK大河ドラマ「西郷どん」の放映に沸く、鹿児島や奄美大島の名産品をご紹介する物産展です。台風19号で被害を受けた奄美大島への応援のためにも、どうぞご協力ください!

「きものお直し相談会」
とき/10月5日より4日間
来場特典/丸洗い 3800円(税別・おひとり2点まで)
プレス加工と新品たとう紙を含む通常6000円~12000円の加工料金です。職人がその場でお預かりするため特別価格でご提供できます。夏物、単衣物のお手入れに、この機会をご利用下さい(シミ抜き別途お見積もり)。待ち時間とご相談時間で1時間から1時間半ほど。余裕を持ってお出かけください。

悉皆職人・徳舛(とくます)氏、期間中来場。長年、大手問屋で特選呉服の製作に携わり、染織の各分業に多くの人脈を作ってきました。現在、悉皆業を営む上での宝となっています。

[PR]
by m_katsutadai | 2018-09-20 12:58 | @店長榎戸 | Comments(0)

<< 【催事情報】小さな小さな旅 1... 再放送のお知らせ「うたと生きて... >>

ページの先頭へ戻る