わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

2008年 09月 14日 ( 2 )
十五夜
c0151691_011174.jpg 「小さな小さな旅」の翌日の今日、興奮冷めやらぬ私たち同様、お店も七五三のお客様や常連さまで一日中賑わいました。
 そんな中、店長が朝からいそいそと「小さな旅」の写真の整理やそのほかにも何やらやっている様子。
夕方お店に登場したのは、これ!!
今日は十五夜(名月)!
店長の力作です!!
皆様、ぜひ見にいらしてください。
[PR]
by m_katsutadai | 2008-09-14 22:59 | 丁稚 | Comments(1)
待宵の月を愛でる小さな小さな旅
c0151691_15533615.jpg小さな小さな旅、無事に行ってきました。名月前夜、「待宵(まつよい)」の晩ということもあって観月も楽しみのひとつ。雨どころか、曇って欲しくないという欲張りなこちら側の希望でした。おかげさまで、少しの雲もなく美しい月夜。お客様と一緒に月を眺めることができたのは、まさに幸運。。お天道様に感謝感謝です。
c0151691_15555475.jpgさて、最初に訪ねた「湯島・おりがみ会館」。おり神様こと小林館長の折り紙体験を。相変わらずの「口八丁手八丁」。笑いあり、そしてしっかり折り紙ありの30分、みんなで「祝い鶴」を折り上げることができました。

場所を売り場に移した後も小林館長の口と手は止まりません。いつもこうなのかなぁ、、と少し心配になるほどのパワーです。お買い物はしたいし、館長さんの折り紙も気になるし、、濃厚な1時間半を「おりがみ会館」で過ごすことができました。
c0151691_155759100.jpgc0151691_16374572.jpg
おりがみ会館を後に一路、「芝・とうふ屋うかい」へ。相変わらずの笑顔と美しいお庭がお出迎え。今回は、ふたつのグループに分けて、お食事の前にお土産のお買い物と、記念写真を交互に。こまめに打ち水されたお庭が、記念写真をより引き立ててくれました。

通されたお部屋は、漆喰の壁と太い梁が美しい「蔵座敷」。お部屋の壁のうち3面に窓があり、お庭や東京タワーが望めることもこのお部屋の魅力です。特に昨夜は、「待宵」の月夜。皆さん、三々五々お席を立ち、窓辺から美しい月を眺めていらっしゃいました。

c0151691_15595379.jpgお料理もスタッフの行き届いたサービスもさすが。左利きの当店スタッフ、Nさんには、カトラリーをすべて左右逆に配膳するなど、、きめ細かい配慮に溢れていました。また、八寸を大皿に盛ってテーブルで銘々にお分けするなど、楽しめる演出も健在。取り分けながら内容の説明もさりげなくされていて、お客様も感心していらっしゃいました。

お料理そのものの方は、味、量ともに最後のお皿までいただいて、ホントに美味しかったと実感できる、、良い音楽を聴いたような感じ。一皿一皿の味が、あっちこっちに行っていなく、統一感があり、過不足ない量も好感が持てます。たくさん食べる時代じゃないことも、しっかり計算されているところが、なによりスバラシイ。

c0151691_1611918.jpgそして、旅の終わりは自由散策。「東京タワー」にのぼる方、「うかい」でゆっくりと過ごされる方と、各々、自由な時間を過ごしていただき、7時40分にバスに集合。予定の時間どおりに帰路に着くことができました。

3度目の「とうふ屋うかい」ということで、新鮮みがないところを心配していましたが、終わってみれば無用のものでした。お客様とともに私たちも楽しい時間を過ごすことができ、感謝感謝です。。次回小さな旅は、11月。どうぞお楽しみに!!
[PR]
by m_katsutadai | 2008-09-14 15:51 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る