わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

2018年 05月 29日 ( 2 )
会場の準備も始まりました。
c0151691_23302521.jpeg今週金曜から始まる6月の催し物。前日木曜には商品の搬入と会場設営です。商品搬入に備えて、現在陳列されている商品をあらかじめ移動させました。画像は、売り場の一角にまとめたゆかたと化繊きもの。催事用の商品も一部届き、荷ほどきを済ませました。c0151691_17515401.jpg
[PR]
by m_katsutadai | 2018-05-29 23:34 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】開催が迫ってきました!![きものお直し相談会][半衿付け教室]
c0151691_16583119.jpeg

【きものお直し相談会】
きものは多くの職人さんによって分業で作られます。たくさんの職人さんのコンダクター的存在が悉皆(しっかい)職人です。その幅広い知識と経験、そして人脈は新しいきものを作るときだけではなく、時間を経て着古したきものや帯を蘇らせる仕事にも力を発揮します。「きものお直し相談会」には、そんなツワモノの悉皆職人が来場、あなたのご相談になんでもお答えいたします。悉皆とは、訓読みすれば「ことごとく、みな」。ご自分で判断せず、どうぞプロにご相談ください!

日にち/6月1日(金)〜4日(月)の4日間
時間/10時〜18時(最終日は16時受付まで)
待ち時間とご相談時間で1時間〜1時間半ほど余裕をもってお出かけください。

袷(あわせ)の着物はしばらくお休み。秋の着用シーズンの前にお手入れをお勧めいたします。
[特別価格]丸洗い(プレス加工、新品たとう紙付き)
通常6480〜12960円をお一人様2点限り 4104円(本体価格3800円)

「きものお直し相談会」は、年に3回、2月・6月・10月に定期開催しております。年末年始に着用したきものを手入れに出す2月、袷の着物のシーズンが終わる6月、単衣物と夏物の季節の後の10月です。上手にご利用いただき、できるだけ経済的にきものライフをお楽しみください。

-----------------------------------------------------

【半衿付け教室】
きものの大きな特徴のひとつが、きものを汚損や破損から守る裏地や下着に表地との色の襲(かさね)の視覚効果を持たせていること。着る人の個性やおしゃれ心を大いに発信します。「半衿」もそのひとつ。裏地を取り替えるには専門的な技術が必要ですが、半衿の交換は少しの講習で身につけることが可能。その技術を、専門の仕立て職人に習っていただこうとうのが、当店の「半衿付け教室」です。

日にち/6月8日(金)・9日(土)・10日(日)
時間/10:30〜12:30(2時間・各回8名まで)
料金/1000円
持ち物/長襦袢(半衿の付いていないもの)、半衿、糸(長襦袢が正絹でしたら正絹、化繊でしたら化繊の糸)、縫い糸、まち針、指ぬき、卓上くけ台(あれば便利です)

必ず事前予約をお願いいたします。お問合せも遠慮なくどうぞ。
[県内]0120-91-6348 [県外]043-463-6348



[PR]
by m_katsutadai | 2018-05-29 17:02 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る