わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

2018年 10月 14日 ( 1 )
10月21日(日)開催の「小さな小さな旅」にサプライズ!
国立能楽堂で拝見する能「鵺(ぬえ)」に合わせ、源頼政が鵺退治の褒美として帝から下賜された太刀「獅子王」の写し刀が能楽堂ロビーに展示されることになりました! 太刀「獅子王」は、頼政に下賜された後、子孫の赤松氏に伝来。戦国末期、天空の城として現在話題になっている兵庫県朝来市の「竹田城」を治めていた赤松広秀。広秀は、関ヶ原の戦いで西軍につき敗北。後に徳川家康に切腹を命じられ、「獅子王」も徳川家へ。明治になり徳川家より皇室に献上され、現在は東京上野の「東京国立博物館」で長い眠りについています。その「獅子王」を元に朝来市のNPO法人がクラウドファンディングで資金を集め、県内の刀匠に手により打たれたのが、今回国立能楽堂で公開される「獅子王 写し」です。東京で公開されるのは、10月21日の1日限り。観覧には、能楽鑑賞チケットが必要です。

[PR]
by m_katsutadai | 2018-10-14 15:39 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る