人気ブログランキング |

わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

2019年 03月 18日 ( 1 )
「能を知る会」の主催者、公益財団法人 鎌倉能舞台さんの活動が、NHKのニュースで取り上げられました。
現在、参加者募集中の「小さな小さな旅 6月」のプログラム「能を知る会 東京公演(国立能楽堂)」。公演の主催者、公益財団法人 鎌倉能舞台さんの活動が、NHKのニュースで取り上げられました。ニュース映像で流れたのは、お子さんたちの能楽教室の発表会。曲目は、「土蜘蛛(つちぐも)」です。シテである土蜘蛛の手から繰り出される蜘蛛の糸が美しい、誰もが一度はご覧になったことがある作品。また、その土蜘蛛退治に乗り出す独武者(ひとりむしゃ)が携えているのが、主人・源頼光(みなもとのらいこう)に伝わっていた源氏の重宝「膝丸 (ひざまる)」の太刀。土蜘蛛を切ったことから「膝丸」が「蜘蛛切(くもきり)」の異名を持つに至る逸話です。お子さんたちの真剣で、迫力のある演技をニュースが伝えています。下のリンク先からご覧ください。

6月16日(日)の「小さな小さな旅」で拝見するのが、鎌倉能舞台主催の「能を知る会 東京公演」です。同財団を主催する中森貫太師(能楽シテ方観世流)が、新天皇の御代を言祝ぐ能「国栖」のシテ(尉/蔵王権現)を勤めます。同公演には、すっかり時の人となった狂言師の野村萬斎師も登場。東京オリンピックの開会式(2020/7/24)まであと404日となる同日、その重責を担う萬斎師の本業、狂言師の姿をこの機会にご覧ください。

「能を知る会」は、解説や字幕がつく、ビギナーの方にも安心の公演です。また、参加者には、当店から事前資料も送らせていただきます。往復に観光バスを利用し、能楽堂でのお食事もつく当店「小さな小さな旅」の募集定員は、36名様。すでに残りわずかとなっております。お申し込み、どうぞお急ぎください!


by m_katsutadai | 2019-03-18 11:44 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る