わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

<   2009年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧
ゆかたソーイング教室、始まりました。
c0151691_16291191.jpgc0151691_16292734.jpg
c0151691_16294733.jpg2000年、ひとりの社員さんの「やりましょうよ!」のひと言で始まった「ゆかたソーイング教室」。思いがけない仕立て職さんたちの協力もあり、今年で10回目。中には今年で3回目というリピーターの方までいらっしゃる名物催事になりました。今日がその初日。リピーターの方は手慣れたもので、「今年のゆかたを縫いにきました!」ってな感じです。

まだ、これからのご参加も間に合いますよ。お問い合せください!!

▼クリックすると大きくなります。
c0151691_16302023.jpgc0151691_16303356.jpg
さて、店頭で無料配布しているキモノ情報誌「月刊 アレコレ」。創刊50号を記念して発行された「きくちいま」さんの特集号『まるごと◎きくちいま』を、配布に協力してくださりそうなお店屋さんに配って歩きました。

まずは、当店からお客さまをご紹介している美容室4軒。それと、写真館1軒。それと、DPEのフジカラーのお店1軒にお願い。皆さん快く預かってくださいました。本誌は、月刊アレコレの51、52合併号のうち半分の「きくちいま」さんの特集ページを抜き刷りしたもの。いつものアレコレと違って、カラーの広告ページが目を引きます。合併号は当店店頭で配布していますので、『まるごと◎きくちいま』は、違う場所での配布を考えていました。先日当店で開催された地域の陶芸教室の作品発表会でも受付で配布してもらいました。そこでは、驚くことに80部を配ることができました。今日預かったくださるお店屋さんからは、どんな人の手に届くことでしょうか? 良いご縁を期待したいものです。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-06-06 16:54 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】染の伝統工芸 東京手描友禅と江戸小紋展
▼今回のご案内状。超読み物チックです。クリックすると少し大きくなります。
c0151691_14294299.jpgc0151691_1429524.jpgc0151691_1430297.jpg
c0151691_14301025.jpgc0151691_14301979.jpg
ご案内状の送付を希望される方は、こちらからお申し込みください。お問い合せの種類欄は「催事に関して」、返信を希望する店舗欄は「千葉勝田台店」をそれぞれチェックし、お問い合わせ内容欄には「案内状、送付希望」とご記入ください。お名前、ご住所は必須。できればお電話番号もお書き添えください。

染めの伝統工芸 東京手描友禅と伊勢型紙・江戸小紋展

 と き 6月19日(金)~22日(月)の4日間
 ところ 武蔵屋 勝田台店 2階「天空の間」


実演/【手描友禅】真渕貴昭先生19(金)・21(日)・22(月)のみ来場
     【伊勢型紙彫り師】六谷泰英先生4日間来場
[PR]
by m_katsutadai | 2009-06-05 14:31 | @店長榎戸 | Comments(0)
無事、帰ってきました。
▼小林染芸(江戸小紋)
c0151691_2036159.jpg昨年お亡くなりになった江戸小紋師、小林義教先生のご自宅兼工房。この和室は、ご家族の居室。先生の遺影を掲げたお仏壇が置かれていました。伝統工芸士の指導的役割を果たしていた先生。今もふたりの息子さんが先生の遺志を継ぎ、小紋師の道を歩まれています。写真は、ご次男。元教師という経歴らしい話しぶりで江戸小紋の歴史や製作工程などについてお話をいただきました。

c0151691_12335762.jpg


樅(もみ)の木の一枚板をつかった張り板。板の表面には糊が塗られていて、水を含ませると粘着性が生まれます。これに白生地を貼り固定してから、型による防染糊の型付けが始まります。
型は左から右へ順に送られ、「送り星」と呼ばれる目印を頼りに模様の合い口が合わされていくのです。
▼真渕貴昭 工房(東京手描友禅)
c0151691_20365580.jpgこちらは、東京手描友禅の真渕貴昭先生の、やはりご自宅兼工房です。糸目友禅の工程をご説明いただき、お弟子さんと二人三脚の制作の様子を拝見しました。先生の、変わらないお元気な様子に逆に励まされるようでした。。

c0151691_1235480.jpg





専門学校を卒業され、真渕工房ですでに5年目を迎えたお弟子さん。夏を前に、ベリーショートにされた髪。職人魂を感じました。若いのに非常にがんばっていらして、真渕先生からの信頼も厚い工房のホープです。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-06-04 20:38 | @店長榎戸 | Comments(0)
明日は、東京産地の研修

東京は、過去400年にわたって日本の中心として栄えてきました。衣食住、そのすべてが江戸東京を中心にその花を咲かせていたのです。日本人のお洒落心をくすぐった染色もまた東京で育ってきました。その代表が「江戸小紋」と「東京手描友禅」。明日の社員研修では、この二つの染色工房を訪ね、型染めと手描友禅という染色の代表的な技法を学んできます。

さて、一行は11人。中型バスを借りました。なんと贅沢なと思われるかもしれません。私@店長としましては、動く会議室を借りたというイメージです。移動中は、これまでに録りためたTV番組などのDVD鑑賞にあてるつもり。まずは、1991年放送のNHKスペシャル「ファッションドリーム 第四集 キモノが生きる世界」をご覧いただこうと思っています。きものはどこからきたのか。そしてどのようにして日本の暮らしに根付いたのか。そして日常着でなくなった現在のキモノの位置づけ。すでに放送から18年たったアーカイブスですが、その18年の変容は、各自が頭の中で埋め合わせてもらいたいと思っています。

[PR]
by m_katsutadai | 2009-06-03 15:08 | @店長榎戸 | Comments(0)
久しぶりの月
c0151691_204926100.jpg催事が終わり、空には久しぶりのお月様が。「遠き山に日は落ちて 星は空をちりばめぬ」。静かな月を観ていて、ふっとそんな歌を思い出しました。皆さまのところからは、お月様が見えていますか? 来週の月曜が満月です。
[PR]
by m_katsutadai | 2009-06-01 20:59 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る