人気ブログランキング |

わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

DMなどでお知らせはしないシークレットな作品展示、開催中。
現在店内では、江戸刺繍・柿崎秀三先生の作品をご覧いただいております。DMなどでお知らせはしないシークレットな作品展示。会期は、7/22(月)まで。ぜひ、ひと足、ふた足早い秋を感じにご来店ください。

現在放映中の「ハズキルーペ」のCMで武井咲さんがお召しのきものが、柿崎先生の作品です。平安時代から続く繍い切り(ぬいきり)や鎌倉時代に生まれた駒取り繍い(こまどりぬい)などの技法を駆使した精緻な作品世界に、どうぞ触れてください。



# by m_katsutadai | 2019-07-15 11:40 | @店長榎戸 | Comments(0)
「ブラタモリ 京都・西陣~織物の町・西陣はどうできた?~」、 ご覧いただけましたでしょうか。
「ブラタモリ 京都・西陣」の回が放送されました。同番組は、豊富な知識を持つタモリさんと予備知識なしで番組に参加する女性アナウンサーの二人が日本各地を巡り、ゲストの専門家からその土地の歴史的、地学的な成り立ちを学ぶという「探検・散歩番組」です。

そんなマニアックな内容にもかかわらず「ブラタモリ」は、2009年から続く長寿番組。当初はタモリさんがフジテレビ「笑っていいとも!」の司会を務めていた関係で、取材範囲は東京に限られていました。同番組が2014年に放送を終了したことから、2015年のシリーズからは取材対象が全国に広がり、放送時間も木曜夜10時から土曜夜7時30分の週末ゴールデンにお引っ越し。京都はこれまでに、嵐山、伏見、清水寺、祇園、銀閣寺、東山、宇治が紹介され、今回は満を持しての「西陣」でした。

きものを愛してくださるの皆さま、「ブラタモリ 京都・西陣~織物の町・西陣はどうできた?~」、 ご覧いただけましたでしょうか。西陣がどうして高級織物の一大産地になったのかということが、歴史的な観点と地学的な見方の両面から紐解かれていました。番組中には、純手織りの綴織(つづれおり)の工房や、明治維新後のピンチを救ったジャカードを使った紋織物の機場が登場。綴織の帯は、なんと7月上旬に当店〃頭で紹介していた「服部綴工房」さんの作品でした。

番組をご覧いただいた皆さまには、短い時間でしたが西陣織がどんなところで織られているのか、感じ取っていただけたことと思います。見逃してしまった方、また、見返してみたい方、店内でご覧いただけます。スタッフにお申し付けください。



# by m_katsutadai | 2019-07-14 12:20 | @店長榎戸 | Comments(0)
「八月納涼歌舞伎」。本日、本チラシが公開になり、出演者の顔ぶれも出揃いました。
小さな小さな旅で拝見する歌舞伎座の「八月納涼歌舞伎」。本日、本チラシが公開になり、出演者の顔ぶれも出揃いました。第2部の「東海道中膝栗毛」には、仮チラシ段階で出演が決まっていた松本幸四郎、市川猿之助、中村七之助、市川中車、市川染五郎、市川團子のほかに以下の役者さんが名を連ねました。
坂東巳之助(三津五郎、長男)
坂東新悟(彌十郎、長男)
大谷廣太郎(友右衛門、長男)
中村隼人(錦之助、長男)
中村児太郎(福助、長男)
中村橋之助(芝翫、長男)
中村福之助(芝翫、次男)
中村虎之介(扇雀、長男)
中村鷹之資(富十郎、長男)
片岡千之助(孝太郎、長男)
市川弘太郎(猿翁一門)
市川寿猿(猿翁一門)
澤村宗之助()
松本錦吾(白鸚一門)
市川笑三郎(猿翁一門)
市川笑也(猿翁一門)
市川猿弥(猿翁一門)
片岡亀蔵(市蔵、次男)
市川門之助(門之助、長男)
チラシには役名はなく、脚本も現在進行中なのでしょうね。4回目の上演で初めて、この一作品のみでの上演となる今年の八月納涼歌舞伎・第2部。何かが起こりそうな、そんな予感がします! 小さな小さな旅へのお申し込みは、どうぞお急ぎください!
とき/8月18日(日)
お申込み・お問合せは、お電話で。
[県内]0120-91-6348 [県外]043-463-6348
武蔵屋勝田台店



# by m_katsutadai | 2019-07-11 20:31 | @店長榎戸 | Comments(0)
大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に
「仁徳天皇陵」として宮内庁が管理する国内最大の前方後円墳を含む、大阪府の「百舌鳥・古市(もず・ふるいち)古墳群」が、世界文化遺産として登録されることがユネスコの世界遺産委員会で決まりました。

【世界遺産とは】
世界遺産は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づいて世界遺産リストに登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。
【国内の世界遺産】
http://bunka.nii.ac.jp/special_content/world

同じユネスコの遺産登録制度に、「無形文化遺産」や「世界の記憶(世界記憶遺産)」があります。無形文化遺産は、民俗文化財、フォークロア、口承伝統などの無形文化財を保護を目的として2006年に発効した無形文化遺産の保護に関する条約に基づいています。
【国内の無形文化遺産】
http://bunka.nii.ac.jp/special_content/intangible

武蔵屋勝田台店では、2009年に登録された「越後上布と小千谷縮布」の登録10年を記念する催し「越後の伝統工芸展」を開催いたします。
「越後の伝統工芸展」
とき/7月26日(金)〜29日(月)
ご来場、心からお待ち申し上げております。



# by m_katsutadai | 2019-07-09 23:43 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】小さな小さな旅8月「歌舞伎座 八月納涼歌舞伎」 8/18
中堅・若手だけで座組みされる8月の歌舞伎座公演。通常の昼夜2部制から3部制へ切り替える上演時間割もすっかりお馴染みとなりました。その分、上演時間がコンパクトになり、お財布に優しいと好評です。私たち武蔵屋の「小さな小さな旅」で拝見するのは第2部。演目は、平成28年から毎年新作を制作し続けている「東海道中膝栗毛」、ご存知、弥次喜多珍道中です。シリーズ4作目となる今年、どんな珍道中がふたりを待ち受けているのか、今から楽しみです。

日にち/2019年8月18日(日)
午後12時15分 勝田台駅北口ロータリー、集合
午前12時30分 同、出発

行程/歌舞伎座 東京都中央区銀座4丁目

参加費/23,000円
当日、ご自分でキモノを着てご参加の方には・・・1000円キャッシュバックの特典があります!
往復バス・1等席チケット・往車中軽食・イヤホンガイド・ 旅行傷害保険、以上を含みます。
定員/32名さま あと9名さま
申込〆切/7月8日(月) 〆切以降のキャンセルはご遠慮ください。

お申込みはお電話で。
[県内]0120-91-6348
[県外]043-463-6348


# by m_katsutadai | 2019-07-09 17:28 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】「きもの着方教室 秋季クール」&「半衿付け教室」 参加者募集中!
秋の行楽シーズンや年末年始に向かいキモノ着用の機会が増えるこの時期、「きもの着方教室」にお誘いいたします。

【基礎コース】当教室が初めての方は、基礎コースからご参加ください。
[金曜クラス]9/13~11/22(10:30~2h 全10回)
[土曜クラス]9/14~11/23(10:30~2h 全10回)
受講料/8000円(税込)
卒業生の方は、月1回のマンスリー講習にご参加いただけます。
詳しくは、募集要項をよくお読みになりご検討ください。お問合せも遠慮なく、どうぞ。
[県内]0120-91-6348 [県外]043-463-6348

【半衿付け教室】
9/6(金)・7(土)・8(日)10:30~2h
受講料/1000円(税込)
きもの着方教室とは関係なく、単独でもお申込みいただけます。
詳しくは、資料を送りいたします。ご請求ください。
[県内]0120-91-6348 [県外]043-463-6348


# by m_katsutadai | 2019-07-09 17:10 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】越後上布・小千谷縮布ユネスコ無形遺産登録10年「越後の伝統工芸展」 7/26~
越後産地を代表する手仕事、小千谷縮と越後上布がユネスコの無形文化遺産に登録され10年になる今年、北国・越後の伝統工芸織物を一堂にご覧いただく特別展を開催いたします。
「越後の伝統工芸展」
とき/7月26日(金)~29日(月)の4日間

冬、雪に閉ざされる越後産地。雪による高い湿度は、機織りにとって何よりの恵み。農閑期のゆったりとした時間と好適な気象条件から生まれるやわらかな手仕事、それが越後の伝統工芸織物です。

「雪室屋のお楽しみ頒布会とおもてなし」
「雪室屋」は、雪国に古くから伝わる、天然雪を使った食品保存庫「雪室」を使用した食材の統一ブランド。味と品質にこだわりを持つ食のプロが結成した[にいがた雪室ブランド事業協同組合]の事業です。


# by m_katsutadai | 2019-07-09 17:04 | @店長榎戸 | Comments(0)
ゆかたと半巾帯の着方・結び方講習 7/19~21
夏祭りや花火のシーズンがもうすぐ目の前。出番間近のゆかたと半巾帯の着方・結び方講習にお誘いいたします。

②7月19日(金)午後の部[ゆかたと半巾帯の講習]
④7月20日(土)午後の部[ゆかたと半巾帯の講習]
⑤7月21日(日)午前の部[ゆかたと半巾帯の講習]
⑥7月21日(日)午後の部[半巾帯のみの講習]
以上、4つのコマにご参加いただけます。

⑥は、半巾帯だけを習いたい方向けです。3~4種の帯結びをお教えいたします。当日は、ゆかたを着た状態から教室をスタートします。1:30までにゆかたをお召しになり、ご集合ください。教室は1時から入室可能です。教室が始まる前にゆかたに着替えていただいても結構です。

ゆかたの着方と半巾帯の結び方の両方を習いたい方は、②④⑤のコマにご参加ください。ゆかたの着方と2種ほどの半巾帯の結び方をお教えいたします。2時間ほどかけ、初心者でもゆかたを着られるようになっていただきます。

定員/各コマ8名さま
参加費/1200円(2時間)
お申込み/[県内]0120-91-6348 [県外]043-463-6348
持ち物/ ◇ゆかた ◇半巾帯 ◇肌着 ◇裾除け(肌着と裾除けは、ワンピースタイプでもOKです) ◇腰ひも(2本) ◇伊達〆(1本) ◇コーリンベルト ◇下駄 ◇所定の参加費 ◇⑥にご参加の方は帯〆をご持参ください。
お申込み、お問合せ、心からお待ち申し上げております。



# by m_katsutadai | 2019-07-05 10:27 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】服部綴 新作発表会 +夏物大バーゲン 7/6~
「服部綴 新作発表会 +夏物大バーゲン」
京都・西陣織を代表する技法、爪掻き本綴れ。紋紙を使わずに一点一点手織りされるその帯は、きものマニア注目の逸品です。紋織物ではなく、絣でもなく、平織りの組織でありながら柄文様を表現できるのが「すくい織」とご紹介する「綴れ織」。平織りの八寸帯ですので、袷(あわせ)の時期はもちろん単衣のシーズンまで着用が可能なところも、きもの愛好者から指名される理由のひとつです。今年の、服部綴・新作発表会のテーマは、「紫根」。そう、植物・ムラサキソウの根から作る天然染料・紫根で染めた糸を贅沢に織った製品が揃います。ぜひ、お時間を作ってご覧ください。
また、夏物が着用敷きに間に合うギリギリのこの時期に、「夏物最終大バーゲン」を同時開催いたします。
とき/7月6日(土)~8日(月)
3日間限りの開催です。お間違えのないよう、ご来店ください。



# by m_katsutadai | 2019-07-05 10:01 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】小さな小さな旅8月「歌舞伎座 八月納涼歌舞伎」 8/18
中堅・若手だけで座組みされる8月の歌舞伎座公演。通常の昼夜2部制から3部制へ切り替える上演時間割もすっかりお馴染みとなりました。その分、上演時間がコンパクトになり、お財布に優しいと好評です。私たち武蔵屋の「小さな小さな旅」で拝見するのは第2部。演目は、平成28年から毎年新作を制作し続けている「東海道中膝栗毛」、ご存知、弥次喜多珍道中です。シリーズ4作目となる今年、どんな珍道中がふたりを待ち受けているのか、今から楽しみです。

日にち/2019年8月18日(日)
午後12時15分 勝田台駅北口ロータリー、集合
午前12時30分 同、出発

行程/歌舞伎座 東京都中央区銀座4丁目

参加費/23,000円
往復バス・1等席チケット・往車中軽食・イヤホンガイド・ 旅行傷害保険、以上を含みます。
定員/32名さま
申込〆切/7月8日(月) 〆切以降のキャンセルはご遠慮ください。

お申込みはお電話で。
[県内]0120-91-6348
[県外]043-463-6348

詳しくは、下のリンクからご覧ください。



# by m_katsutadai | 2019-06-22 13:49 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る