わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

「東京タワーだ!ゆかたで無料!」、開催ッ!
c0151691_1161862.jpg7月5日(土)~7日(月)の3日間、ゆかたまたは甚平着用の来場者に限り、大展望台までの料金が無料になるそうですッ! 行くっきゃないね!!
詳しくは・・・こちらをご覧ください。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-07-06 01:19 | @店長榎戸 | Comments(0)
谷中でバティック体験v(^o^)
c0151691_2032339.jpgお客様(お友達?)と四人で谷中にバティック体験に行って来ました。以前満天でファッションショーをした布沢さんが体験会を谷中でしています。日暮里を降りて商店街でメンチカツに引っ掛かりあっちこっちへ。やっと体験へ!初めての体験に大騒ぎ(^^; 楽しかったです(^_-)
c0151691_2032393.jpg体験を終えて谷中探索と待ちに待った昼食!谷中ランチは千円出せば美味しい店揃い!迷いに迷って毛沢東の絵が目をひく毛家飯店へ。久しぶりの大ヒットv(^o^) 谷中へ行かれた際は是非おためしあれ(^_-)
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-07-05 20:03 | 上野美樹 | Comments(0)
お客様から北海道旅行のお土産に・・・
c0151691_21104365.jpg・・・「白い恋人」をいただきました。中には、こんなリーフレットが。。賞味期限の詐称に揺れた製造元の石屋製菓。リーフレットには、私たちはこう変わります、、という宣言が。「おいしさ、新たに、確かに。」と題され、6項目を列記。他山の石とするように、忘れることのないように、、ここに記録しておくことにしましょう。

ひとつひとつの袋に“安心”を印字します。
  科学的根拠に基づき設定した120日の賞味期限と、製造年月日を袋ごとに印字します。

さらなる“おいしさ”を追求しました。
  「白い恋人」の製法に改良を加え、チョコレートがよりなめらかになりました。

品質管理は万全に、厳重に行います。
  製品検査、原料検査を入念に行い、品質管理の徹底を図ります。

衛生管理マニュアルをより厳しくしました。
  外部機関の指導を受けた衛生管理マニュアルに沿って、厳重にチェックします。

お客様サービス室を新たに設けました。
  今まで以上にお客様の声に幅広く耳を傾け、お菓子づくりに生かしていきます。

お客様の信頼を大切に「白い恋人」をお届けします。
  本物の味と安心を追求するお菓子づくりの原点に立ち帰り、心をこめてつくります。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-07-05 00:15 | @店長榎戸 | Comments(0)
梅雨どき、お店の植え込みには・・・
c0151691_15393246.jpg




・・・額紫陽花の華やかな色合いが欠かせません。どんよりしたお天気の多い中、気持ちを晴れ晴れとさせてくれます。
c0151691_15382437.jpg




そして、駐車場の生け垣には、可憐な花が。。姫著莪(ヒメシャガ)だと思っていたのですが、どうやら違うようです。どなたかご存じの方いらっしゃいませんか?
c0151691_15453854.jpg




おしまいに、趣味と実益を兼ねるキュウリやナス、ミニトマトの花も満開です。そろそろ収穫もあり、キュウリやナスは、お昼のおみそ汁の具に。。花を楽しんで、あとはごちそうさま、、です。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-07-04 00:53 | @店長榎戸 | Comments(0)
とんぼ返りで京都へ。。
c0151691_12573268.jpg昨日は、日帰りで京都へ。梅雨の中休みの京都はさすがに暑い。タクシーのラジオで祇園祭・山鉾巡行の順番を決める「くじ取り式」が京都市役所の市議会本会議場でおこなわれたニュースを伝えていて、一ヶ月に及ぶ祇園祭が始まっていることを実感。。集まった各山鉾町の代表は紋付き羽織袴姿。式には京都市長も立ち会うという物々しさ。祭りの重みを感じます。

さて、そんなニュースを聞きながら一路、問屋街へ。月初めはどの問屋でも小売店向けの催事を開催中。お訪ねした商社も多くの小売り屋さんでにぎわっていました。催事場をひやかして、今度は嵐山方面へ。7月に当店で開催する催しのメーカーさんを訪問。
c0151691_12581649.jpg「嵐山 さくら桟敷」と名付けられた社屋は、渡月橋を間近に望み、目の前に桂川が流れる好立地。京都観光を兼ねて、品物を見てもらえるようにショールーム的な機能を併せ持っています。代表の中村社長さんが柔和な笑顔で迎えてくださいました。
c0151691_1258153.jpg案内されるままに2階へ上がり、おもてなしのしつらえが整ったお膳に着くと、冷たいおしぼりと京の三名水に数えられる梨木神社のお水が配膳。盆地の暑さに少々とまどい気味のノドを潤してくれました。次に冷たいお抹茶と桜餅。桜餅は道明と呼ばれる「はんごろし」のおもちに餡はなし。上品な甘さは蜂蜜によるものだとか。。心づくしのおもてなしに感激して、今度は屋上へ。屋上からの嵐山の景観をビデオに収めました。

お品ものは3階で。ひとつひとつ社長さんのこだわりを聞きながら拝見。すべての品が臈纈(ろうけつ)の白揚げで描かれていて、独特な雰囲気を醸し出しています。上品で着やすそうな作品ばかり。これなら私どものお客様に気に入っていただけそう。。京都まで訪ねた甲斐がありました。作品の全貌を見てくるのが今回の京都行きの目的。作品に好印象を得られたことは上々の成果でした。

c0151691_12583041.jpg夕5時には帰りの新幹線へ。おともはいつもの「ゐざさ」の柿の葉寿司。おなかがいっぱいになれば、ゆっくりと睡眠を。。かえって良い休養になったかもしれませんね。催し物は、7月18日から。ご案内をお楽しみに!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-07-03 12:23 | @店長榎戸 | Comments(2)
COLDPLAY 『VIVA LA VIDA』
c0151691_7415526.jpg 先月発売されたコールドプレイの新作を聴きました。
毎回メロディと、聴くと心が解放される音がとても好きなバンドです。今作は好きな曲を一曲ごとダウンロードするというよりはアルバム全部を聴かなくちゃ味わえない魅力のある新作です。
 ダウンロード全盛になりつつある時代にこういうコンセプトのアルバムってなかなか聴けないです。プロデューサーにはブライアン・イーノが加わっています。U2のプロデュースやWindows95の起動音を作曲したり,1970年代にはロキシー・ミュージックの一員としても活躍していた音楽家です。
キラキラした曲、しっとり少し悲しい曲、心が浮き立つ曲。皆さんもぜひ聴いてみて下さい。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-07-01 07:51 | 丁稚 | Comments(5)
イベント ラインナップ(携帯の方は「以前の記事」をどうぞ)
c0151691_1941613.jpgc0151691_2215068.gifc0151691_1447463.jpg
ゆかたソーイング   小さな小さな旅  日本画家 佐々木経二展
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-30 23:59 | @店長榎戸 | Comments(2)
クロックスのサンダル
c0151691_82446100.jpg おととい、頼んでおいたクロックスのサンダルが届きました。
興味がでたのは妻の出産のために病院に行っている時でした。今は医療現場やリハビリの患者さん、スポーツからアウトドアまで幅広く使われているみたいです。シンプルで清潔、かつ機能的でかわいいサンダル。雨の日も夏の暑い日も大活躍しそうです。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-29 08:32 | 丁稚 | Comments(0)
美術補整という魔法
 シミ抜きや丸洗い、洗い張りで汚れが落ちきれないキモノを再生させる最終的な手段として「美術補整」という技術があります。タンスの中で長期間眠らせていてカビや黄変が発生し、それがかなり古い場合などにはお客様のご了承のもとに美術補整の仕事に進みます。たまたま、似たような付下げの美術補整をさせていただきました。両方とも、お客様の使用条件に合わせてキモノを蘇らせることができましたので、事例報告を。

c0151691_21411100.jpgc0151691_21411445.jpg お客様が若い頃にお召しになっていた付下げキモノ。お気に入りのキモノには、着用汚れのシミと、柄を構成する刺繍糸の変色。袵(おくみ)線に沿った変色とかなりの問題が発生。

 お客様のご要望は、娘に譲りたいので地味にならないようにしたい、そして、色柄が気に入っているので全体の雰囲気を損なわないで欲しいとのこと。
c0151691_21414095.jpgc0151691_21415831.jpg そこで、四つ菱の地模様に合わせて描かれた文様の雰囲気を損なわないよう、シミを隠すための柄足しをすることに。使用するのは顔料のため、キモノを解くことなしに進められます。ただ、シミが多所にわたるため、それを全部柄足しで隠そうとすると、全体のバランスを崩してしまいます。多少のシミは残す方向でお客様にもご了解を得ました。
 写真左が補整前、右が補整後。おかげさまで、お客様のご要望に添って全体の雰囲気を損なわずに、お嬢さまにお譲りできるキモノに直すことができました。

c0151691_22185027.jpgc0151691_22125655.jpg 2例目は、反物。お祖母様のタンスを整理したら出てきたのだそう。長期間の保存中に大量のカビが発生していて、シミ抜きではとても対処できない状態でした。きっとお孫さんに着せるために買っていたのでしょう。そのお気持ちに応えるため、何とか仕立てて着たいとのことでした。もともと淡いピンクの付下げでしたが、30歳代になっているお客様ですので、多少地味になっても着用可能です。

c0151691_2147036.jpgc0151691_21471497.jpg そこで選択したのが、たたき加工。蝋たたきによる染色技法で、シミが目立たなくなるのです。柄部分のシミは、顔料で補整をすることに。
c0151691_22131419.jpgc0151691_22132362.jpg 写真左が補整前。右が補整後です。こちらの方も、ひどかったシミが全くわからないようになり、信じられないほど美しく蘇りました。しかも、ピンクの付下げがお客様の現在の年齢にちょうど良いキモノになり、一挙両得。まさに、美術補整という名の魔法です。
 もちろん、「美術補整」は大手術。最終的な手段です。シミ抜きや丸洗い、洗い張りでは対処できない場合に、お客様の了解のもとにおこなっております。金額的にもシミ抜きとは比較になりません。そのキモノに対するお客様の思い入れの深さで、ご予算も決まります。まずは、治療方法を決め、お見積もりをお出しし、進行となります。皆さまも、タンスの中に思い出深いキモノを眠らせていませんか? どうぞ、ご相談ください。

※写真は、ふたりのお客様に許可をいただいて掲載しております。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-28 21:39 | @店長榎戸 | Comments(0)
マクラーレン
c0151691_7192425.jpg 4月に娘が生まれてもうすぐ三ヶ月になります。
首も少ししっかりしてきたのでベビーカー・デビューです。数ヶ月前から眠っていたマクラーレンがいよいよ登場です。
 これからは行動範囲も広くなるので、早くいろいろなところへ出掛けて行きたいです。まずは近場の公園ですね。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-06-28 07:28 | 丁稚 | Comments(2)

ページの先頭へ戻る