わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

午後から曇り
c0151691_0554359.jpg午後から曇り、、この予報にかけましょう! 明日は、小さな小さな旅。茨城県稲敷市の大杉神社へ、25名のお客様とご一緒します。今日は母の日。ご参加者の中に4組の母娘ペアが。。大切な日にイベントに当店の企画をお選びいただき、恐縮です。楽しい一日になりますよう、、私たちも頑張ります。午後から曇り、、今日の予報です。もちろん信じてます!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-05-11 01:10 | @店長榎戸 | Comments(2)
ご来店御礼!

c0151691_0403967.jpg

 4月の26日から始まった木綿と夏きもの「木綿と風待ちきものの会」。間1日の定休日を挟んで10日間、無事終了いたしました。ご来店、、心より御礼申し上げます。

 気がつくと、店頭の植え込みのツツジ、、蕾がだいぶふくらんできました。今週中には開花でしょう。。そして本格的なゆかた、夏きもののシーズンがやってきます。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-05-07 00:41 | @店長榎戸 | Comments(0)
ゴールデンウィーク、点描。
連休も後半に。いかがお過ごしですか? きものsideでは、「木綿と風待ちきものの会」を開催中。雑貨sideでは、大幅な陳列替えをおこないました。ともに新鮮な売り場、、どうぞ遊びにいらしてください!!

c0151691_1441127.jpgc0151691_14412471.jpg
c0151691_1441475.jpgc0151691_14421164.jpg
c0151691_14423011.jpgc0151691_14424857.jpg
c0151691_14431191.jpgc0151691_14433390.jpg
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-05-05 13:53 | @店長榎戸 | Comments(0)
お母ちゃん頑張る!
c0151691_1536544.jpg最近私はYさん(当店スタッフ)をお客様の前でもお母ちゃんと呼んでしまいます(^o^;) お母ちゃんは木綿の着物もさらりと着こなしちゃうし時々福島弁がでたり楽しい人です。ご主人を亡くされた時は引退しちゃうのかと心配でしたが今日も頑張ってお仕事ですv(^o^) 時々会津のダンディーなお友達が来て下さったり(^_^) これからも現役で宜しくお願いします! 明後日までみのる小紋と木綿の催事です。木綿着物姿のYさんもお待ちしてまーす!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-05-04 15:36 | 上野美樹 | Comments(0)
昨日思ったこと
c0151691_2385463.jpg 昨日は日本テレビで恒例の(?)「カリオストロの城」がやっていてついつい観てしまいました。今年は夏に宮崎駿のアニメが公開されるのでそのつながりもあるのかもしれませんが。
 全部しっかりと観るわけじゃなく何となくつけて、時たま気になる場面を意識を集中してみたりしています。もう何回も観たのである意味気ままで自由に観ています。
 名作というのはその時の心情だったり情景を託すことが出来て、それを受け入れるやわらかな懐深い空気に満ちています。アニメでも本でも音楽でも、こういったものをたくさん見つけることができると穏やかに、ある程度スムーズに人生を送れる気がします。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-05-03 23:27 | Comments(0)
出羽木綿
c0151691_21493874.jpg  こちらは出羽木綿です。山形県が産地の木綿で気候風土を反映して地厚でざっくり、がっしりとした風合いが特徴です。勿論厚手なので暖かく、丈夫な着物に仕立てあがります。反物の巾も広いので男性にも合わせて仕立てることが出来ます。僕だったらこの出羽木綿で一着欲しいところです。

c0151691_2243073.jpg そして今日からは気持ち安らぎ、心ウキウキする「風待ちキモノ」展もはじまりました。変った小紋を展開するみのる小紋。押し絵の帯から遊びごころ溢れる小物まで一見の価値があるお着物たち。本場塩沢紬や結城紬も多数取り揃えてます。6日(火)まで開催中です。GWの合間に是非遊びにいらしてください。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-05-02 22:16 | 丁稚 | Comments(0)
伊勢木綿、川越唐桟
c0151691_2323721.jpg 伊勢木綿はその名のとおり伊勢参宮のみやげ物として津の街道で売られていました。
 特徴はその糸で、撚りが弱い弱撚糸で織られています。強く撚りをかけずに綿(わた)に近い状態の糸を使い、出来上がった布は洗っていくうちにのりが落ちて、糸が綿(わた)に戻ろうとするので、生地がやわらかくなっていきます。そのため、ゴワゴワした感じが少ないのです。この肌触りこそが伊勢木綿の魅力なのです。糸がやわらかいのでシワにもなりにくい。肌触りが良く保湿性や通気性も良いので、使い込めば使い込むほど味がでます。柄に関しても本当に無地や格子、縞など多種多様です。

c0151691_2328184.jpg 続いてこちらは、川越唐桟です。「唐桟」とはインドから伝わってきた綿織物で、インドのセント・トーマスの当て字のようです。極細の双糸を使い、光沢があり、薄手ですべりの良い肌触りが特徴です。今回は一反しかないのが残念なところです。スッキリとした洗練された柄ですね。シャツの生地みたいですが、こんな木綿着物を着てる人を見かけたらまさしく「Sophisticated Lady」と呼ぶに相応しいですね。エラ・フィッツジェラルドを聴きたくなります。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-05-01 23:51 | 丁稚 | Comments(0)
懐かしかったなぁ~、、
c0151691_044859.jpg見ました? NHKの音楽番組『SONGS』。毎回、1組のアーティストにスポットライトを当てて、演奏と人となりを紹介する取材を交えた、音楽プラス小さなドキュメントっぽい番組です。今夜は、水谷豊。1978年に放送された『熱中時代』は、当時16歳の@店長に教職への憧れを植え付けました。教師にはなれませんでしたが、大学は文学部の教育学科。4年生の時には、一か月の教育実習にも行きました。

懐かしかったなぁ、、北野広大先生ッ! くわしくは、『勝田台店長の独り言』で。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-05-01 00:47 | @店長榎戸 | Comments(0)
会津木綿
c0151691_822189.jpg 名前の通り、福島県会津地方で織られた木綿縞。
やや厚地でしっかりと織られているため、真夏以外の全ての季節で着回すことができて、便利な着物です。
 会津木綿は大正時代頃迄は40軒程の機屋さんがありましたが 現在では会津若松市内に2軒を残すのみとなってしまっていました。
なので今やきもの屋さんでも余り扱ってなくて、民芸品店や物産展で見かける程度です。
柄も何となく野暮ったい、着物としては着づらいデザインが多かったのですが、最近は普段着として着る木綿の人気が高まったこともあり、素朴でシックな柄が増え、色も含め選ぶ幅が凄く広くなりました。
価格も今回一番のお手ごろなものになっています。
仕立てが出来る方は反物だけ買っていかれる方もいらっします。
片貝木綿と並んで今回一番種類が多いので選ぶのに大変ですよ~。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-04-29 23:48 | 丁稚 | Comments(0)
ちょっといびつですが!
c0151691_14433452.jpg
武蔵屋入り口の石にハート形石、発見!
キリンや犬の模様でニュースになってますが(^_^) 灯台もと暗しでしたっ!
色も赤だしv(^o^)
見にいらして下さい。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-04-29 14:43 | 上野美樹 | Comments(2)

ページの先頭へ戻る