わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

残念な雨。
 14日、中野本店での会議に出席。店を出るころに降り出した雨が、今も降り続いています。晴れていればまん丸お月様が輝く明るい月夜。のはず、、、残念な雨です。満ち欠けを繰り返す月。まん丸になる瞬間は、15日の朝5時です。ですから、今月のカレンダーには15日に「望」のしるしが付いています。暦だけ見れば15日の晩の月がまん丸と思いがちですが、、実際は14日、、つまり今宵の月のほうがよりまん丸に近いお月さまとだったはず。なので、、残念な雨です。

c0151691_273847.gifいまでこそ、カレンダーや手帳を誰もが持っていて、今日が何日か、、誰もが知っています。度忘れすることはありますけどね。。江戸時代以前は、月の満ち欠けが日にちを知る目安になっていました。ですから、旧暦の暦は月の満ち欠けを基準にしてつくられていたんですね。月が肉眼で見えるようになるのが「三日」。それからさかのぼって、「ついたち」を知りました。あたらしい月の始まり、、「つきたち」が「ついたち」の語源です。遡って知るので「ついたち」を「朔」と書き、「さく」と呼んだのです。

c0151691_282340.gif七日か八日が上弦の半月。
c0151691_2112118.gif十五日か十六日が満月。
c0151691_212291.gif二十二日か二十三日が下弦の半月です。
誰が見てもわかりやすいこれらの日にちに、さまざまな祭礼が行われました。伝統にのっとって日にちを決めて行われているお祭りは、太陽暦になった今もこの日にちで催行していることが多いのです。代表的なのが、「お盆」。新暦7月にお盆を行う地方でも、旧暦で8月に行うところでも、送り盆の日にちは15か、16日。今のカレンダーでは、必ずしも満月にはなりませんが、旧暦の時代には盆踊りの輪の上にはいつも満月が輝いていたはずです。

あす、、というか今日は天気が回復の予報。秋の最後の満月を楽しめそうです。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-15 01:53 | @店長榎戸 | Comments(0)
皆さん、ご覧になっていますか?
c0151691_22111992.jpg今宵は十三夜。ただいま夜10時10分。月齢12.204 輝面比86.988%の月が美しく輝いています。雲ひとつない快晴。朝の雨がウソのようです。今年は、珍しくひと月前の十五夜と今宵の十三夜の「二夜の月」を愛でることができました。二晩ともお店の駐車場からという色気のなさが玉に瑕(きず)ですが。。それにしても美しい、、美しい月です。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-11 22:19 | @店長榎戸 | Comments(0)
【入荷案内】 染めの里から更紗
c0151691_6493539.jpg 工房から直送された更紗の着物が届きました。
 多色で華やかな京友禅に比べて、色使いが少なくすっきりと染められていて、渋さや粋さが持ち味です。
 今回届いたものも濃淡で奥深い世界を表した図柄や淡い色を地色に柄を溶け込ませた年齢、時代を問わないきものと帯です。

c0151691_6501032.jpg こちらは帯です。
紬地に和更紗模様を染めたもの。

ちょっと変わった、綸子で地紋を描いた上に斜め柄を配したもの。

たくさんの更紗模様を組み合わせたシックでモダンな帯。

お太鼓にドン、と大きな花を据えた帯。

などなど「今」の更紗を感じさせてくれます。
着る人を想い出来上がったきものと帯をぜひ見にいらしてください。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-10 07:35 | 丁稚 | Comments(2)
【催事情報】イタリアCAMEOフェスタ
c0151691_18572269.jpgカメオという名を聞いたことがない方は、いらっしゃらないしょう。それだけ知名度が高いのに、さまざまな誤解もある不思議な工芸品、それがカメオです。

まずは産地。メノウなど石を素材とするストーンカメオの産地はドイツ。大きな巻き貝を素材にするシェルカメオは、イタリアが産地です。今回は、素材に養殖できない貝を用いるイタリアのカメオをご紹介いたします。貝は、柔らかいためドリルなどの機械で彫ることができません。ですから、シェルカメオは、そのほとんどが天然素材で手彫りだといえます。ひとつひとつが仮に同じモチーフを彫ったとしても微妙に異なり、世界にたったひとつという喜びを持つものに与えてくれるのです。

c0151691_1961754.jpgそして、イタリアのシェルカメオの95%を生産しているのが、南イタリアの小さな港町、「トーレデルグレコ」。人口10万人のうち、約6千人もの人がカメオ関連の仕事に従事しているといわれる、まさにカメオの聖地。創立130年にもなる公立の職人養成学校があり、ローマ時代からの伝統が今も受け継がれています。
そのイタリア・トーレデルグレコの工房にオーダーメードを依頼し、コレクションしているのが「RYU・ART」という会社。今回、ご縁があり、みなさまに同社のコレクションをご覧いただくことになりました。非売品4点を含む300点ものカメオを公開する、またとない機会。美術品を鑑賞するということ。そして、、「カメオって人の横顔でしょ」とか、、「カメオってブローチでしょ」とか、、「カメオってご年輩の方のアクセサリーでしょ」といったおおかたの女性が持つ誤解を、同展で解いていただきたいと思っています。

【イタリアCAMEOフェスタ】
と き 10月11日(土)~13日(月祝)の3日間 午前10:00~午後6:00
ところ 武蔵屋勝田台店 2階


店長の心ばかりのおもてなし/横浜玄人「BAKERY OKADA」の秋限定「マロンメラッセ」
ジューシーなイタリア産の栗を蜜漬けにして、コクのある栗のクリームと一緒に包み込んだ、マロングラッセの高級スイーツです! 港町横浜が表現するイタリアの秋の味覚を、お楽しみに!【1日限定20個】
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-08 19:34 | @店長榎戸 | Comments(0)
中毒性の高い大人の四大娯楽、ご存知ですか?
一度ハマッたらなかなかやめられない・・・ついついまた足を運んでしまう、、チャンネルを合わせてしまう、そんな中毒性の高い娯楽の代表格、四つ。ご存知ですか、、というよりあなたは何にハマってますか?

その一 「宝塚」
c0151691_0231388.jpgc0151691_0244713.jpg

その二 「ジャニーズ」
c0151691_0342019.jpgc0151691_0344539.jpg

その三 「韓流」
c0151691_0513855.jpgc0151691_052297.jpg

そして、その四 「歌舞伎」
c0151691_117055.jpgc0151691_1172133.jpg

さて・・・この話を家で家族にしたら家内が開口一番、
 「韓流が一番お金がかからないね」
と。。こうおっしゃる家内は、その「韓流ドラマ」にハマッていて、かなりの時間をドラマの視聴時間にとられています。もちょっと家事もしてよと言いたい私なのですが、聞く耳持たず。。まさに中毒状態です。「ジャニーズ」は若者のものかと思いきや、かなりの年齢の方でもハマッている方がいらして、大人の劇場「新橋演舞場」でも年に一回は「ジャニーズ公演」。かなり切符もとりにくいとのことです。女性だけの舞台ということでは、歌舞伎のルーツ、江戸時代初期の「阿国かぶき」の人気を彷彿とさせる「宝塚」。これも相変わらずの人気で、演目も洋ものから日本の歴史物まで多岐にわたっていて、ファンを飽きさせません。出演者が毎年卒業していくという仕組みも、他ではマネのできないことでしょう。

さてさて、当店がちょっとハマり気味の「歌舞伎」。これはちょっとお金もかかります。チケット代も現代劇よりワンランク上。音曲も含めすべてが生ということを考えれば当然のことですが、、ハマッテいる方は、かなりの負担をしていらっしゃるのでしょう。その負担に見合うだけの、、または上回る魅力が、現在の空前の歌舞伎ブームを生み出している要因ということなのでしょうね。ベテランから花形、養成所出身の役者さんまで幅広いタレントが揃っていることも人気の理由でしょう。

そして、演目。江戸時代から300年の時間の中で幾度も書き換えられた台本や演出。洗練されていて当然。物語の背景などの予備知識を持ってみれば、ほんとうに楽しめるものばかり。江戸庶民の最大の娯楽だったわけで、伝統芸能だなどと考えずに一度はご覧いただきたいのが、歌舞伎公演です。当店の小さな小さな旅では、行きのバスの中で演目の簡単な解説もいたします。今回は、予習していただける新聞もご用意。至れり尽くせりですぞ。どうぞお楽しみに! 恐れず、、みんなでハマりましょう!!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-08 01:19 | @店長榎戸 | Comments(0)
小さな小さな旅のプレミアム!
c0151691_1422661.jpgc0151691_1422165.jpg
11月の小さな小さな旅企画は、歌舞伎見物。演目「通し狂言 伽羅先代萩」を10倍楽しんでいただくために、ご参加の皆さまに演目解説の新聞を2号、プレミアムとして差し上げています。もちろん、@店長の手作り。武蔵屋勝田台店でしか、手に入りません(エッヘン!)。そこで、新聞の内容を1ページだけお見せいたしましょう! 画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます!!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-05 14:32 | @店長榎戸 | Comments(0)
【催事情報】小さな小さな旅
c0151691_2063791.jpgエムズ通信35号、できました! いつもいつも我が家の話題というのはどんなものかなぁ~と思い、、、今号の1面は、9月の「小さな小さな旅」の報告を。そして、一番後ろの6ページには、11月催行の「小さな小さな旅」企画のご案内を掲載しました。

【小さな小さな旅
あなたのタイプは? 若手そろい踏み・・・花形歌舞伎】

旅行社のバスツアーに影響されて、長いタイトルになりました(汗、汗、)。

若手人気俳優が勢揃いする花形歌舞伎。フレッシュな舞台は、若返りの妙薬! 演目は、名作「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」です。
と き/11月9日(日)1:30 勝田台駅北口、集合出発

ところ/新橋演舞場 夜の部 4時開演
       演目:一、通し狂言 伽羅先代萩  二、龍虎
       出演:尾上菊之助、中村獅童、市川海老蔵、片岡愛之助、尾上松緑

参加費/10,000円 一等席チケット・幕間食事・往復バスを含む
       通常価格:一等席チケット14700円 お食事1600円

定 員/62名様 日帰りバスの旅・車中で簡単な演目解説をいたします

   お陰様で満員になりました。キャンセル待ちでよろしければお受けできます。
   諦めずにお申し込みください。


そしてなんと、、今回の小さな旅にはBIGゥ~な特典が・・・
@店長が「伽羅先代萩を10倍楽しむ」として書き下ろした限定発行の新聞、、、「言葉で観る歌舞伎の世界」と「いい男で知る歌舞伎の世界」の2号をプレゼントいたします。ふるってお申し込みを!


c0151691_20412334.jpgそしてそして、今回は、ご自分できものを着ていきたいという方のために、着付け教室4回と小さな小さな旅をセットした提案もご用意いたしました!

【NIPPONを体験する   きもので過ごす一日 きもので観る歌舞伎】
歌舞伎見物と事前のきもの着方教室をセットにしました。きものを自分で着て歌舞伎見物に出かける。そんな特別な一日を過ごしませんか。

きもの着方教室、開催日時/
10月12日(日)・19日(日)・26日(日)・11月2日(日)
10時30分~12時30分
教授内容/小紋か紬、名古屋帯、普段着の装い方

歌舞伎見物、催行日時等は、上記小さな小さな旅と同様です。

料 金/14,000円【定員10名様(最低催行人員4名)】
花形歌舞伎一等席チケット(14700円)・幕間食事(1600円)・往復バス料金・きもの着方教室(4回)受講料を含む

   着付け教室付きの歌舞伎見物は、最低催行人員に至りませんでしたので
   今回は中止になりました。定員10名分のチケットは、通常の小さな小さな旅に
   振り替えましたので、ご了承ください。


※お申込は[県内]0120-91-6348 [県外]043-463-6348
お座席は、会費ご入金順とさせていただきます。並んだお席を希望されるご友人さまやお連れさまは、恐れ入りますがご一緒にご入金をお願いいたします。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-04 20:37 | @店長榎戸 | Comments(0)
「僕は呉服屋の長男」
c0151691_2311396.gif知ってます、このセリフ? いえいえ、@店長のことではありませんよ、もちろん私は確かに呉服屋の長男ですが・・・。ロックバンド X JAPANのリーダーYOSHIKIさんが日本相撲協会に抗議した会見でのセリフです。

「僕はもともと呉服屋の長男です。いくらアメリカ生活が長いとはいえ、平気で畳の上を靴で歩いたりはしません」
横綱、白鵬関の優勝記念撮影の会場でブーツを脱がなかったと相撲協会関係者から叱責を受けた、あの一件です。ワイドショーでもかなり報じられたのでしょう、Googleで「僕は呉服屋の長男」を検索すると760件もヒット。。いやはや、やですよ、今年の流行語大賞なんかになっちゃ、、「僕は呉服屋の長男」。
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-03 23:14 | @店長榎戸 | Comments(4)
ホームページ、リニューアル!
c0151691_10302411.jpg6月から準備を進めてきた新しいホームページ。ようやくアップロードに漕ぎつけました。2000年に開設したホームページ。当時は、ホームページとメルマガで来訪者を増やし、やがて店舗へのご来店に結びつけていこうという戦略でした。ホームページでメルマガ読者を獲得し、メルマガで読者だけが見ることのできるコンテンツのアドレスをお知らせする・・・4年弱ほど続いたと思いますが、さすがに負担が大きく2004年5月21日発行のvol.45でメルマガは終了。今思えば、よく続いたなぁと。。メルマガの執筆とホームページ側コンテンツの制作の両方を毎月でしたからねぇ。

こんな戦略でしたから、書きためたクローズなコンテンツがいっぱいありました。呉服屋さんのホームページにそぐわない、お料理のコーナーや雑貨オンリーの商品紹介コーナーなどを除き、新しいホームページに移植することにしました。こうして日の目を見ることになったのが、「マニアックレポート」。おもに染織産地情報を取材を元に紹介しています。新しいホームページは各所にブログの技術を導入していますので、新しいコンテンツも書き加えていこうと思っています。

この「わいわいスタッフブログ」も、ほどなくカスタマイズされ、新しいホームページの一部分としてリニューアルされる予定。勝田台店だけで、単独で勝手にやっていたブログも公式ホームページの一部として認知されることになります。これで少ししっかりとお店の案内や情報をお伝えできるホームページになりました。ご協力いただきましたKICKS Web 千貫理子さんに感謝感謝です。

皆さまも一度、ご覧ください!!
武蔵屋公式ホームページ
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-10-01 10:31 | @店長榎戸 | Comments(2)
ご出勤、ごくろうさまです。
c0151691_2055944.jpgc0151691_20552097.jpg
名誉社員販売会2日目の風景です。今日は、お連れ様の2歳の女の子が喜んでタイムカードを押してくれました。「国連児童憲章」にひっかかりそうですね(汗、汗、)。30日の火曜日まで開催中。あなたも、ぜひ!
[PR]
# by m_katsutadai | 2008-09-28 21:01 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る