わいわいスタッフブログ

催事情報や入荷案内、日々のつぶやきなど、千葉勝田台店のデキゴトロジー。勝田台店の店長やスタッフがお届けします。 ブログトップ

「NIPPONを体験する 大京都展」二日目。
c0151691_18171523.jpegお昼前後の混雑がひと段落。このタイミングで、店内の様子を撮影しました。今も三人ほどのお客様が店内でゆっくりお過ごしです。開催は、30日(月)まで。お繰り合わせの上、ご来店ください。
c0151691_18143353.jpeg
c0151691_16060019.jpeg
c0151691_16061027.jpeg
c0151691_16093224.jpeg京昆布司「かじの」が作る「おばんざい」、10種の中から抽選で一点をお持ち帰りいただくガチャガチャ抽選会を開催しております。ご予約、今からでも間に合います。ぜひ、お電話ください!
[県内]0120-91-6348
[県外]043-463-6348
【NIPPONを体験する「大京都展」】4月30日(月)まで開催中です!
c0151691_16094497.jpeg
[PR]
# by m_katsutadai | 2018-04-28 16:14 | @店長榎戸 | Comments(0)
今日は、きもの着方教室・2018春季クール金曜教室の卒業式。
c0151691_13345831.jpeg先週の土曜教室と合わせて、19名の方を送り出すことができました。あいだ「半衿付け教室」をはさんで11週。ほんとうに頑張ってくださった生徒さんたち。笑顔笑顔の卒業式でした。身につけた技術を忘れないためにも、着物をお召しになってくださいね。武蔵屋では、会費制の旅行会「小さな小さな旅」など着用機会の提案もしております。どうぞご利用ください!c0151691_13354644.jpegc0151691_13365950.jpeg
[PR]
# by m_katsutadai | 2018-04-27 13:32 | @店長榎戸 | Comments(0)
「大京都展」前日。
c0151691_23084706.jpeg売場作りはもちろん、おもてなしの準備も進行中。実は、宇治茶の原料となる茶葉の約半数を生産しているという京都府相楽郡和束町(そうらくぐんわづかちょう)から「かぶせ茶」をお取り寄せ。「かぶせ」とは、生育期に寒冷紗をかけて太陽光線を遮ることで苦味の元、カテキンを抑える生産方法。お茶には、苦みの元のカテキンと、甘みの元のテアニンが含まれています。カテキンを少なくすると、より甘み成分のテアニンを感じやすくなるのです。さらに水出しにするとカテキンが抽出されにくいので、今回は水出しのものを提供することにしました。

c0151691_23085797.jpeg和束町の茶農家さんが手作りしている抹茶とほうじ茶のチョコレートとともにお召し上がりいただきます。どうぞ、お楽しみに!
[PR]
# by m_katsutadai | 2018-04-26 23:10 | @店長榎戸 | Comments(0)
ゆかたフライング新作発表会を同時に開催
c0151691_21080689.jpeg27日(金)からの「NIPPONを体験する 大京都展」。ゆかたフライング新作発表会を同時に開催いたします。今シーズン染め出しした新作は全反染め上がってきてはいませんが、現在納品になっているものを、フライングでご覧いただきます。今年は、7月の初めに「ゆかたと半巾帯のワンデイ講習」を開催します。講習への着用を間に合わせるため、一足先に発表することにしました。この機会にぜひ、ご覧ください。
【東京染】 ◇三勝 ◇丸久商店 ◇RUMI ROCK
【京鹿の子絞】 ◇藤井絞

c0151691_21093618.jpeg今日のジャーマンアイリス。トイレの洗面に置いた水盤のジャーマンアイリスが二輪咲きました。いつ花開いているんでしょうね。

NIPPONを体験する「大京都展」についてくわしくは、こちらのリンクからご覧ください。
[PR]
# by m_katsutadai | 2018-04-24 21:13 | @店長榎戸 | Comments(0)
5/13小さな小さな旅、当日の要項と公演本チラシを郵送いたします
c0151691_14134435.jpg5/13(日)催行の「小さな小さな旅」にご参加の皆さまへ当日の要項と公演本チラシを郵送いたします。配達は、5/1か2頃の予定。ご一読くださいますよう、お願いいたします。c0151691_14134447.jpgc0151691_14134443.jpgc0151691_14134404.jpgc0151691_14134478.jpg
[PR]
# by m_katsutadai | 2018-04-24 14:17 | @店長榎戸 | Comments(0)

ページの先頭へ戻る